老猿のオットット人生

石橋を叩いて渡れずオットットと転んで渡って七転び八起きならぬ七転八倒の人生

no.1538

2016年10月29日 09時31分40秒 | Weblog
・組手。

・接近した瞬間に左手首を脇で挟んでしまったので、相手は動きを大きく制約された。

・右に大きく飛びながら左の足払いをやったので、相手は振り回されてバランスを崩すことに。






接近して相手の左手首を右脇で挟み



続いて足払い



更に肩を押さえて



変形の小手投げのように振る



大きく態勢を崩した



床に倒れる前に



体が一回転


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« no.1537 | トップ | no.1539 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL