東京大学運動会ヨット部

東大ヨット部の現役部員によるブログです。練習の様子、レース結果、部員の主張から日記まで。

海や風の感じ方。

2018-02-22 19:49:38 | 通常練習
ご無沙汰しております。
前回の投稿で自分は運動してなきゃ死んでしまうヨット部のマグロだとか訳の分からないような発言をした戸沢です。笑

振り返ってみればこの春休み、本当にストイックな生活を送ったなぁと思います。(自分のこれまでの予定の列挙で長くなるので宜しければひと段落飛ばしてください笑)
1月のテスト期間が終わり、次の日にレポート提出のために学校に向かい、その足でスキー場に向かいました。
2月1日にスキー場から帰り、2日にバイト、3.4日はヨットの自主練をして、5.6.7.8日とまたスキー場、8日には合宿所に夜集をして9日から春の週5練習の合宿がスタートしました。

さて、冬合宿と呼ばれるこの週5練ですが、ただでさえ寒いのに名前まで寒いのは嫌だから春合宿と言おうじゃないかという話がありました。
"春合宿"、この週5練は新チームになって初めての長い合宿で、新たなスタートをきる上でいい名前だなと思います。自分はこれから春合宿と呼びたいと思います。

練習では新しくスナイプスキッパーをやらせて頂くことができるようになりました。現在、11月にスナイプチームに移ってきて、スナイプという船の走らせ方を学んでいるところです。その上で本当に学ぶことが多くなりました。スキッパーの気持ちの分かるクルー、クルーの気持ちの分かるスキッパーになれとよく言われますが、本当の意味を少しずつ理解できてきた気がします。

将来的にはスナイプスキッパーをやりたいなと思っています。
そして、スキッパーとして疎かにしがちで重要なことが
"クルーの動作を理解すること"
だと思いました。
自分はやがて後輩クルーと乗る機会が多くなると思います。その中でちゃんと教えてあげられるスキッパーでありたいし、異変に気付くスキッパーでありたい。
大学のヨットはシングルハンドではありません。やはりなんと言っても2人乗りなのです。なので、教えて下さる先輩達がたくさんいるうちに、マルチで活躍できるプレイヤーを目指していきたいと思います。

また、つい先日、四年生の追い出しコンパが開かれました。四年生がやはり引退してしまうんだなぁと感じました。
その帰り道、中田さんに
引退が決まった時ってどのような感情でしたか?やり終えたぞ!って感じでしたか?終わってしまったという何処と無い虚しさでしたか?
という質問をしました。
すると中田さんは
一番最初に海が綺麗だなぁって思ったな。これまで練習のための海面が一気にそうではなくなって、自分はこんなに綺麗なところにずーっといたんだなって思った気がする。
(中田さん、無断で登場させてすみません)

自分はなんて素敵な言葉なんだろうと思うと共に、確かに海が綺麗だって感じていたのは新勧されていた時が最後じゃないか、と感じました。ヨットを上手くなるにはヨットを好きであること、そして、海を本当に好きであることが大事なんじゃないか。

今の練習は本当に心の底から楽しめているような気がしますが、海は練習海面でしかありません。風の感じ方だって、風向や風速ばかりが気になるようになりました。

今後は海や風を心で感じながらセーリングを楽しみたいと思いました。

短い時間の中で色々書きたいことが多くなり、まとまらない長い文章になりました。すみません。そんな中読んで頂いてありがとうございました。

それでは失礼します。
戸沢
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クルーザー班週5練開始!

2018-02-16 00:42:42 | 通常練習
こんばんは。クルーザー班新3年の磯野洋佑です。クルーザー班冬のブログ第1弾です。

新体制のクルーザー班は3月の学生マッチに向けて週5練を始動しました!第1週の先週は2/8-12で行いました。


8日はLBの宮本様にお越し頂きました。一日中微風の中での練習でしたが、動作に関することだけでなくコミュニケーションや船の艤装に関することまで事細かにアドバイスを頂き、非常に収穫の多い1日となりました。宮本さんありがとうございました!

9日も微風かつ振れの多い一日で、前日に行った動作の確認やサークリングを中心としたロールの練習などを行いました。

10日には月光チーム主催のマッチレース講習会に参加しました!僕たち以外に、菅原さん率いる東大4年生チーム、早稲田大学、慶應大学の4チームでの練習となりました。
練習の始めは微風の中、2チームづつに分かれ、基本的なマークラウンディングとタイムアンドディスタンスの練習を中心とするマッチレースに向けたスタート練習を行いました。その後4艇でのフリートレースを行いましたが大きく風が吹き上がってきて、当たり前に動作をし当たり前に走ることがいかに大変で大切か痛感させられました。蒲郡は吹くことで有名なので強風でもしっかり走れるようにしたいです。
また、夜には月光ハウスで鍋をご馳走になりました!とても美味しかったです!月光チームのみなさんありがとうございました!

11日も微風だったため、初めてライフラインを外して練習を行いました(マッチレースではライフラインがありません)。はじめは慣れないからか動きが固くロールなども上手くかけられていませんでしたが、練習を重ねるうちに息の合ったダイナミックな動きができるようになったと思います。

12日は強風だったため、安全を期して整備とミーティングに当てました。


先週の週5練は微風と強風が両極端でなかなか思うように練習できませんでしたが、学生マッチまでの残りの期間でやれることをしっかり考えて練習し、本番で1つでも多く勝利したいです。

それでは失礼します。

東京大学運動会ヨット部
新3年 磯野洋佑
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2018-02-15 22:11:20 | 通常練習
新2年スナイプクルーの阿部です。




春合宿第1週目の合宿が終わって2週目の合宿が始まるところです。




練習内容についての詳細な説明は特にはしませんが、普段の週末の合宿とは全く違う疲労感を感じ、同時に充実しているなぁとも思いました。



寒さも今週がピークだそうなので風邪を引かないよう防寒対策が非常に重要であります。
再来週には春の陽気ということで、遠くない春を待ちつつ練習に励みます。



来週も更新がありますので楽しみにお待ちください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小噺

2018-02-15 11:29:02 | Weblog
春休みの第一回の合宿が終わりました。この春休みの合宿は、残すところあと五回です。
今回のブログでは、船の上でペアにくだらない話を聞いてもらうのが好きな僕が、くだらなすぎてまだ使ったことのないネタの一つを披露してしまおうと思います。

先週、船舶免許を取りました。自動車の免許はまだ取っていません。
ヨット界隈には僕のように、子どもの時にヨットに乗れるようになり、ヨットの練習に必要だからモーターボートの免許を取り、もっと後に自動車の免許を取る、という人がいます。
でも、人類が発明した順(要出典)からすると、帆船、動力船、自動車という順に習得していくのがむしろ正統なのかもしれません。

以上です。
新2年 斉藤太朗
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヘリハンのStudent Nightに行ってきました!

2018-02-07 20:08:01 | Weblog


こんばんは。仰秀マストハンド新2年まみーです。髪の毛変ですね。今、三崎口に向かう電車の中で書いています。時間(と携帯の充電)がないので軽く書きます。



2/5にヘリーハンセンMARINE & WALK店で行われたStudent Nightに参加してきました!


スナイプの大井さん、470の高山さん(ちなみに上の写真の謎ポーズは高山さん考案のヘリハンポーズです笑)、宇田川さんという僕でも名前の聞いたことのあるビッグセーラー方によるトークショーがあり、そのあとは他大学(なんと新潟から来ている方も!)の人や、学生マッチでお世話になるであろうbulkhead magazineの平井さんと話したりと超楽しかったです!!


終わったあとは、関東学院や横浜市立大学の方々と一緒にご飯を食べに行き、八景島あるあるなどを話して盛り上がりました!(他大学なのに奢っていただきありがとうございました)


今回は誘いが足りなかったのか、東大一人での参加でしたが、次があればみんなで参加しよう!!


書いてる間に三崎口着いちゃいました。明日からいよいよ週5練。楽しむぞー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1ヶ月早すぎませんか? @1月リレーブログ part30

2018-01-30 19:14:23 | リレーブログ
こんばんは。
ついについにリレーブログも最後となりました。
3年マネージャー塚田と申します。
オオトリです、、、どうしよう。緊張しちゃう。
あ、最強マネって塚本に紹介してもらいました。ありがとうございます。最強マネ目指して精進します。笑

最後だからまだまだでしょ、と余裕ぶってたことを反省しています。汗

何書こうかなー、ここ数日ずっと頭の片隅で考えていましたが全然思いつかない。。。
ブログの内容何にしようかなー。あーもうすぐ冬練がはじまるなぁ。どれくらい寒いんだろう、何持って行こうかなー。あ、ブログ何書こう。という無意味なループに陥ります。

てことで、笑
もうすぐ冬練だし、部活について?書きますか!お付き合いよろしくお願いします。

冬の合宿。寒さが厳しくなかなかお布団が離してくれません。何よりも辛いのは昼着のときのプレーヤーの帰ってくる姿です。レスキューに乗ってた人なんてもうすごーく寒そうで、見てるこっちが辛くなります。
でも私は暑いよりも寒い方がまだましだから夏合宿よりもいいかも。汗かかないし。でも、この冬の寒さ異常すぎて耐えられるか不安です。。。寒さ対策万全にして頑張ります!また、夏よりもプレーヤーが陸にいてくれる時間が長いから嬉しいです😆週末の合宿よりも夜の自由時間が長くて、相手してくれることが楽しいです!
合宿中は炊事場にこもりがちになります。暖かいから。笑 そこで他大のマネさんたちとおしゃべりしながら料理するのも楽しみの1つです。プレーヤーさんに負けないくらいマネ同士って仲良くなれます!笑

これまでの生活は、先輩マネさんたちが作り上げてくださったレールの上に沿って活動し、楽しくできてます。先輩方ありがとうございます!でも、このままでは今までと変わらない。ヨット部のマネージャーとしてもっと合宿生活を楽しくできないかな、ヨット部のために貢献できることはないかな。
冬合宿では、マネがなくてはならない存在になるために必要なことを見つけていきたいです。
マネ新歓で、前例が少ないからこそやりたいようにできるんだよ、って言っておきながら自分は何もやってないな、って思いました。もうヨット部生活の半分が過ぎようとしています。今からでも遅くないかな。他大の素敵マネさんたちにアドバイスいただきながら、これから私たちにできること、考えていきたいな。精一杯頑張ります!


長々と拙い文章ですが最後まで読んでくださりありがとうございました。


今日で1月のリレーブログも最後となりました。
今までお付き合いくださった方、本当にありがとうございます。

全然最後にふさわしいことが書けないけれど、とりあえず冬練頑張るぞ!って思ってます。おっしゃ!プレーヤーに負けない気合いでマネも頑張ろ。

とりあえず寒さよ飛んでいけー

塚田 美駒




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬のセーリングのすすめ@1月リレーブログpart29

2018-01-29 11:46:28 | 通常練習

こんばんは、新3年470スキッパー塚本です。


 このブログリレーも終盤に入ってきました。ということはもうすぐ1月も終わりとなり、ついに春合宿の始まりが近づいてきたということですね。


今年の冬はどうも例年以上に寒さが厳しいようで、東京では40何年かぶりに−4℃を記録しました。いやーそれにしてもここ最近の朝晩は本当に寒い…この調子だと2月はどうなってしまうの?いつもより寒い冬の週5練って想像するだけできつそう、、、


 


朝6時に起きて氷点下近い寒空の中、艤装をいそいそとはじめる。


セールを通すためにまるで氷のようにキンキンに冷えたブームを触った後はもう指の感覚は無くなっている。


海着に着替えるとき、前日使って乾いていないウェットスーツへ足を入れる瞬間はまさに決死の覚悟。


着艇後の解装ではシャックルを外そうとするのにかじかんだ指には全く力が入らない、その手を見ると、あかぎれ、霜焼け、凍傷…(←最後は言い過ぎか笑)


 


、、、とまぁ冬の合宿というのは寒すぎてネガティブな感情が次から次へと湧いてきますよね(嫌な情景を思いださせた方すいません)。


冬は毎回こんなことを思いながらヨットをやっているわけですが、だからといって冬のセーリングが嫌いなわけではありません。むしろ好きなくらい(これも言い過ぎかな?笑)。だからこうやって続けてきているのです。


そこでいつも辛いところが強調されてしまう冬のヨット活動の素晴らしいところを自分なりにできるだけ(無理矢理?)考えてみました。それではどうぞ。


 


 



①海がきれい


 


冬の海は北風のおかげでゴミが沖の方に流れていきます。そのため海岸近くはとても海水が澄んでいてきれいです。


葉山なら海底が見えることがありますし、魚もよく見かけることでしょう。(私はエイを見かけたことがあります。去年は八景にクジラ、サメが来たとか)


練習中に思わぬ生物との出会いがあるかも…(それどころじゃないかな?)


 


  



②景色が良い


 


景色と言ってもここの場合は富士山限定ですね。冬は空気も澄んでおり夏よりも景色が映えて見えます。この時期は富士山は雪化粧をしており、「これぞ富士」という富士山が見れます。これは本当に何回見ても飽きないですね。冬の富士ほどオツなものはないです。(すいません、写真とかそういう気の利いたものはありません…)


 


 



③セーリング


 


やっぱりこれが一番良いものなんですよね。ただここも限定付きで天候は晴れ、風速は順風以上(雨、無風はさすがにツラい、というか季節に関係なくツラい、)。


雲一つない青空、穏やかな波、きれいな海、きれいな景色、そしてピーンと張りつめた空気、この中でスーッとヨットを走らせる。この時の感情はもう乗ってる人にしか分からないんだろうなぁ。


 


 



あれ、えーっとこれぐらいですかね?多分もっとあるんでしょうけど僕の感性だけでは追いつかないようです、きっと笑。


 


兎にも角にも寒くて辛いことも多いでしょうが、ちょっとした Happyなことも感じながらこの冬を堪能していきたいと思います。


また、もちろんですが練習の方も頑張っていきたいと思います(筋トレの成果が少しでもあると嬉しいなぁ、、)。


 



明日おおとりを務めてくれるのは東大ヨット部最強マネージャー塚田です。最後頼みます。


それでは失礼します。


塚本


(後から気づいたのですが基本的に八景島ではなく葉山のことを思い浮かべて書いていました…)


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

流行りに乗った振り返りブログ@1月リレーブログpart28

2018-01-28 23:02:56 | リレーブログ

こんにちわ、昨日のブログで髪型が芸能人と紹介された新2年の吉武と申します。

嘘やろと思ってツイッターでアンケートをとったところ、70%以上の人が芸能人っぽいと思っているそうです。お笑い芸人ではなく、カッコいい俳優さんに似てるという意味だと勝手に解釈しております。

 

最近非常に寒いですので、あったかい春は大変恋しいものでございます。意味もなく、「世の中は三日見ぬ間の桜かな」なんていう俳句を思い出したりもするわけでございます。何の脈絡もないですが、そのくらい桜の季節が恋しいわけです。

 

しかしそれにしても月日が流れるのは早く、気がつけばもう一月も終わってしまいそうです。そういった感触を得た時、直近数ヶ月を振り返ると案外自分は色んなことをしたんだなぁという気になり、気持ちよくなったりします。虚しくなったりもします。

 

オフ期間に私は何をしたのでしょう。

 

ヨット関係から言いますと、我らがwaszp に挑戦したり、知人のクルーザーのヘルムをやらせていただいたりしておりました。どちらもスナイプとは程遠く、セーリングという世界の広さを知りました。ワスプは非常に不安定です。この船に乗るなんてお前にはまだ早いと言わんばかりに私の気持ちに反してクルクル沈し、全く制御できないままに自分の番が終了してしまいます。クルーザーはメインの陰に隠れてテルテールはおろかジブがほとんど見えないという難易度の高い縛りプレーが求められ、船をまっすぐ走らせるのがままならないという危機的状況です。ヨット力はまだまだ低いのだなぁと思い知らされます。

 

ヨット以外のことで申しますと、先日台湾に旅行をしてきました。一拍1000円ほどのホステルに泊まり、「日本から来たんだ!ガッハッハ」などと言いながら外国人と友達になるのは楽しいものです。「日本人なら頭良いんだね‼︎」なんて言われる時もありますが、その反応には困ってしまいます。「日本は未来の国だね‼︎」なんて言われると、少し嬉しくなったりします。偏見がすごいなぁとは思うのですが、嬉しくなるのでいつもニコニコ頷いてます。

 

私のオフ期間は、思い出すと気持ちよくなる方のものだったようです。それがわかっただけで、幸せです。いつも過去を思い出して気持ちよくなることが、私のプチ目標です。

 

最初はカッコつけて書いてましたが、最後はグダグダになってしまいました。明日は筋トレと採点バイトを愛する新3年塚本さんです。どうぞお楽しみに。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たくさんの出会い@1月リレーブログpart27

2018-01-27 10:31:49 | リレーブログ
さおりさん、ご紹介ありがとうございます!

こんにちは!新2年マネージャーの丹羽美森です。私は去年の4月から今までを振り返り、思ったことを書こうと思います。


私はこの一年、たくさんの初めての経験をしました。それとともに、新しい出会いがたくさんありました。

まず1つ目は、実家を出て寮で暮らし始めたことです。集団生活ですが、身の回りのことは全て自分でこなさねばならず、7月くらいまでは実家が恋しかったです。ですが、今は寮での暮らしが楽しくて仕方なく、このまま永遠に寮に居られたらいいのになと思います。寮生は、皆助け合って生活しています。勉強を教え合ったり、洋服を貸し合ったり、一緒にお料理をしたりして、姉妹のような感覚です。今は二人部屋なのですが、私の相方は、面白くて頼り甲斐のあるしっかり者で、ぼさっとしている私はいつも助けられています。2年生からは新しい寮に移り、一人部屋になってしまうので、残り少ない相方との生活を存分に楽しみたいと思います。

2つ目は、ヨット部のマネージャーになったことです。習い事でバレエをしていたので、学校の部活に真剣に取り組んだことがなく、運動部は私の憧れでした。しかし入部してみると、男の人がたくさんで、緊張して話すことも出来ず、私はここでマネージャーとして役に立つことができるのか、不安に思っていました。私は高校生まで、男の人とあまり関わることなく生活していたので、話しかけるだけでも、とても勇気が要りました。それでも、ヨット部の温かい雰囲気と優しい先輩方、同期のおかげで、少し慣れることができました。最近、他大学のマネージャーさんと友達になれたので、これからもっと人脈を広げられたらいいなあと思います。全日本の壮行会では、小松さんに食事についてお褒めの言葉を頂き、 私は舞い上がりました。新しいメニューにも挑戦していきたいです。


夏の思い出。


3つ目は、、と書こうとしましたが、どんどん長くなってしまうので、でここで終わりにしたいと思います。

たくさんの人と出会い、支えられ、幸せに生きられることの有り難みを感じました。私と関わってくださった全ての方に感謝しています。

最後まで読んでくださりありがとうございました。マネージャー2年目は、笑顔を絶やさず、1年目よりもパワーアップして頑張りますので、よろしくお願い致します!

明日は、昨日会ったら髪型が芸能人になっていた同期の吉武くんです!お楽しみに…!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベトナムレイヨウ@1月リレーブログpart26

2018-01-26 23:42:59 | リレーブログ

年末に八景島で今年のスローガンを決めました。自分たちをどんな部にしていきたいか、2年生から4年生まで全員言葉にしてそかから考えたのですが、そういえばブログでは誰も書いていませんね。最後は言葉の問題という感じで大人数では決まりそうになかったから4年生で話してしまったけどみんなどう捉えているんだろうか。

強い東大

実際強くなること、自分たちは強いという自負を持つこと、まとめるとこの二つの意味を込めたものです。

私たちが入部してから、小松さんに来ていただき始めてからの東大は、インカレの成績を見てもそれまでより強くなっていて、一昨年、昨年と「東大強いね」「今年東大やばくない?!!」と言われたことが何度もありました。自分が出ていなかった2年生の時、陸上本部に回航順位が届く度に、会う人毎に、みんながすごいねって言ってくれて、先輩たちが誇らしかった。去年は嬉しいとかよりずっと不安だった気がするけどでも速いねって言ってくれる人はたくさんいました。けどあくまで「今年は」強いね、「最近」速いよね、なんですたぶん。私の知ってる東大と違うけど何があった、みたいな。そうじゃなくて、東大といったら強いものだって、もちろん今年も全日本に出てくるよねって、そういう学校になっていきたい。これは今年だけでできる話ではないですけど、一昨年去年は大きな一歩目二歩目だったから、今年も負けずに進化して第三歩を。

1年生の冬、初めて早稲田と練習を一緒に練習し始めた頃、早稲田の選手たちは今より遠くてすごく大きく見えました。整然としてるんだけど余裕があるというか、自信に満ちた感じがして、本当にかっこよかった。あれは自分たちは日本一だという自信だったんじゃないかと思います。そしてその自信は去年福井に行ったらハーバー中に満ちていた。今年はそういう心意気を持てるようになりたいなって。自分たちが強いという自負があればそれに見合う練習や行いをするようになるはずだし、逆に誰よりも練習してきたと胸を張って言えるようなら自分たちは強いという確信が持てる。そういう誇りを持ちたい。持つに値するだけのことをしていこう。

以上が私の思う「強い東大」です。

去年の全日本出場は成功だし一年間素晴らしい時間だったけど、だからといって去年と同じことをしてもそれは達成できなくて、四年生が抜けてしまったのに去年より強くならないといけなくて、とても焦る。ただ去年までずーっと意識してきた全日本を実際に経験したということだけは、去年より強いはず。スローガンを決める時に何人もが言っていました。そういうことを思い出すための言葉になったらいいのかなと思います。

 

明日は、個人的にとっても楽しみにしてました、新2年マネージャーの丹波美森です!ぜひお読みになってくださいね!

新4年 水石さおり

 

※写真はクリスマスイブの自主練の日の写真です。本文とは関係ない。

※タイトルも本文とは無関係です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加