とだ九条の会blog

「とだ九条の会」公式HPに併設=「とだ九条の会ブログ」でネットワークを広げます。

米国、北朝鮮弾道ミサイルを「ICBM」と認識

2017年07月06日 | まち歩き

北朝鮮が7月4日に日本海に発射し、日本の排他的経済水域(EEZ)内に着水した弾道ミサイル「火星14号」について、米国は同日、それが「大陸間弾道ミサイル(ICBM)」であるとの認識を初めて示しました。

ICBMは有効射程距離が5000km以上と定義されており、北朝鮮からアラスカなどが射程距離に入ります。

そのため、米国は従来、ICBMの発射を「レッドライン」=超えてはならない一線と見なしており、日本を含む北東アジアの緊張激化が一層懸念されます。

北朝鮮の朝鮮中央通信は5日、今回のICBM発射は、「大型重量核弾頭が装着可能なICBMの技術的特性」や「大気圏へ再突入する核弾頭の技術的特性」を最終確認することが目的だったと伝えましたが、金正恩朝鮮労働党委員長は、7月4日の「米独立記念日の贈り物」などと述べ、挑発しました。

北朝鮮による弾道ミサイル発射は累次の国連安保理決議に違反する暴挙で、5日、安保理は緊急会合の開催を決定しています。

ティラーソン米国務長官は4日、「北朝鮮によるICBM発射を強く非難する。米国と同盟国、世界に対する脅威をさらに増幅させるものだ」と指摘し、「安保理でより強力な制裁措置を取る」と発言しました。

米国ニューヨークの国連本部で行われている「核兵器全面撤廃につながる、核兵器を禁止する法的拘束力のある協定について交渉する国連会議」(第2会期、~7日)が画期的な核兵器禁止条約が採択されようとしている最中の北朝鮮の暴挙に国際社会から抗議の声が上がっています。


【出典参考】2017年7月6日付け「しんぶん赤旗」


※核兵器禁止条約締結を求めて、あなたも「ヒバクシャ国際署名運動」を。
ネット署名はこちら=> http://hibakusha-appeal.net
(「ヒバクシャ国際署名」推進連絡会)

※このブログをお読みの方で、「私も九条の会のアピール(「とだ九条の会」HPをご覧ください。)に賛同し、憲法九条を守る一翼になりたい」という方は、 「とだ九条の会」HPに「WEB署名」がありますので、「賛同署名」にご協力ください。
■「とだ九条の会」公式ホームページもご覧ください。
http://toda9jo.web.fc2.com/
*「とだ九条の会」ホームページは2014年11月24日、上記アドレスに引越しました。
■「とだ九条の会」ブログのアドレス
http://blog.goo.ne.jp/toda9jo
*「とだ九条の会」ブログは2014年11月10日、上記アドレスに引越しました。
■「とだ九条の会」ツイッターのアドレス
http://twitter.com/toda9jo

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 核兵器禁止条約の採択(予定... | トップ | 教科書問題、ネット21が「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

まち歩き」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL