とだ九条の会blog

「とだ九条の会」公式HPに併設=「とだ九条の会ブログ」でネットワークを広げます。

「ミリタリー」一辺倒大臣?――稲田朋美防衛相

2016年09月18日 | 国際・政治

一昨日の当ブログで、稲田朋美防衛相の「白紙領収書」問題を紹介しましたが、今度は稲田氏が新閣僚中資産がトップで、その多くが「防衛関連株」であるとの報道、そして訪米中の米軍基地で自衛隊が次期主力戦闘機として導入するとしているF35の操縦席に乗り、説明を受けたという報道を転載させていただき紹介します。(サイト管理者)


※以下、転載はじめ↓


<新閣僚で資産トップ 稲田大臣「防衛関連株」を大量保有> 
  
第3次安倍再改造内閣の閣僚資産公開で、新閣僚10人のうち、保有資産が最多だったのが稲田防衛相だ。家族分を含めた総資産は1億8178万円。不動産が1億7055万円にのぼるほか、複数の防衛関連企業の株式も所有していたことが明らかになった。

名義は夫ではあるものの、稲田氏が行政改革相を退任した14年9月以降の約2年間で新たに9銘柄を取得。そのうち5銘柄が防衛省との契約金額上位20社(15年度)に含まれていた。

内訳は川崎重工6000株、三菱重工3000株、IHI8000株、三菱電機2000株、日立製作所3000株。

川崎重工と三菱重工はSIPRI(ストックホルム国際平和研究所)が、世界の軍事サービス企業の売上高を調査した「The SIPRI Top100」(13年版)にランクインしている。


【出典】2016年9月17日配信「日刊ゲンダイ」


***********************************************************************************


<稲田防衛相、米軍機F35を見学 操縦席で説明受ける>

米ワシントンを訪問中の稲田朋美防衛相は15日、パタクセントリバー海軍航空基地を視察し、航空自衛隊が次期主力戦闘機として導入する米軍機F35を見学した。

F35はステルス性能や高度の電子戦能力を備えた第5世代の最新鋭戦闘機。空軍仕様のF35Aが来年度以降、航空自衛隊三沢基地(青森県)に配備される。

稲田氏はこの日、ワシントン郊外から米海兵隊の輸送機MV22オスプレイに乗ってパタクセントリバーに到着。実際にF35の操縦席に座るなどして、性能などの説明を受けた。


【出典】2016年9月16日配信「朝日新聞デジタル」


※このブログをお読みの方で、「私も九条の会のアピール(「とだ九条の会」HPをご覧ください。)に賛同し、憲法九条を守る一翼になりたい」という方は、 「とだ九条の会」HPに「WEB署名」がありますので、「賛同署名」にご協力ください。
■「とだ九条の会」公式ホームページもご覧ください。
http://toda9jo.web.fc2.com/
*「とだ九条の会」ホームページは2014年11月24日、上記アドレスに引越しました。
■「とだ九条の会」ブログのアドレス
http://blog.goo.ne.jp/toda9jo
*「とだ九条の会」ブログは2014年11月10日、上記アドレスに引越しました。
■「とだ九条の会」ツイッターのアドレス
http://twitter.com/toda9jo

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「戦争法」強行から1年!9... | トップ | 強行採決から1年「戦争法廃... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

国際・政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL