花々に贈る短歌集

自然に身を委ね小さな息吹を感じていたい

都忘れ

2017-04-25 19:23:29 | 短歌
「いにしえの 夢の跡かな 儚さと 強さを秘めて 都忘れの」



「潤いし 蘭のきりりと 咲いた朝 今日一日の 嬉しい予感」

去年咲かなかったシンビジューム。



外で咲いたセッコク、優しい香りがします。



山に自生するというエビネ蘭、ちょっと珍しい色かな?

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  | トップ | 猪鍋 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。