花々に贈る短歌集

自然に身を委ね小さな息吹を感じていたい

集まる

2017-01-03 19:28:20 | 短歌
「旨きもの 共に味わう 家族いて 人の数だけ 増える喜び」

実家の甥が送ってくれた最高級の佐賀牛。
すき焼きで頂きましたが、お肉は口の中で蕩けるし、お野菜に沁みた旨味が絶品。

お節も飽きた鍋一番でした。





「酉年は にわとりだけに あらずして 路傍に遊ぶ 野鳥美し」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 穏やかな | トップ | 一歩 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

短歌」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。