花々に贈る短歌集

自然に身を委ね小さな息吹を感じていたい

風蘭

2017-06-30 15:53:55 | 短歌
「風蘭の 楚々と涼しげ 木に寄りて 雨の降るまま 風の吹くまま」

三年目くらいですかね、やっと咲きました。
「金幽晃」と言う名の風蘭。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お見舞いが、、、 | トップ | メダカ誕生 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

短歌」カテゴリの最新記事