安愚楽牧場被害対策栃木県弁護団

安愚楽牧場被害対策栃木弁護団の活動状況をお知らせします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

次回期日のお知らせ

2017年06月14日 | 裁判の状況について

 次回の期日は、平成29年9月28日(木)午後4時30分からと指定されました。

 皆さまお集まり頂きますようお願いいたします。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

次回期日

2017年06月09日 | 裁判の状況について

次回の期日が,平成29年6月13日,午後4時30分から予定されています。

前回,原告から被告に対して,釈明を求める書面を提出しましたので,その回答書面が提出される予定になっています。

次回以降、原告から、事実関係を整理した主張を補充する予定です。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

次回期日について

2017年06月09日 | 裁判の状況について

 次回期日は、平成29年6月13日午後4時30分から予定されています。

 前回、原告から、被告に対して求釈明をする書面を提出しましたので、今回の期日では、被告からの回答書が提出されます。

 次回以降、事実関係を整理し、主張を補充していく予定です。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安愚楽牧場被害対策栃木県弁護団通信NO.15

2016年10月20日 | 裁判の状況について

1 第9回口頭弁論期日の内容について

  次のとおり,第9回口頭弁論期日が開催されました。

日時    :平成28年10月13日 午前11時30分
場所    :宇都宮地方裁判所第1民事部法廷
提出書面 :第5準備書面(陳述留保。誤記訂正のため。)
内容    : 

 第5準備書面では,安愚楽牧場との関係で問題とすべきだった規定の趣旨や内容について,主張を補充しました。

 また,被告に対する求釈明によって,安愚楽牧場が農水省に提出した報告書などの一部が開示されましたので,開示された証拠に基づき,国が預託法に基づく規制権限を行使すべきであったことについて,主張をしました。

 さらに,消費者庁が,牛の頭数不足を見抜けなかったことについて,違法性があるのではないかという主張を補充しています。

 あわせて,被告から提出された報告書の作成経緯や安愚楽牧場の本社における調査の実施状況など,被告に対して釈明を求めました。

 次回の期日までに,被告から,原告らの主張についての反論と,求釈明に対する回答がなされる予定です。


2 次回期日

  次回の期日は,平成29年1月19日午後1時30分からです。場所は,宇都宮地方裁判所第1民事部法廷です。

  弁護団の皆さまには,ご参集頂きたくお願いします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安愚楽牧場被害対策栃木県弁護団通信No.14

2016年10月05日 | 裁判の状況について
次回期日が、平成28年10月13日、午前11時30分から、宇都宮地方裁判所で開催されます。

次回の期日では、原告側がこれまでの預託法違反の主張について、追加して詳細な違法事由を主張する予定です。
また、証拠書類についても、刑事事件の記録等を追加して提出する予定です。

皆さま、お忙しいとは思いますが、ご参集くださいますようお願いいたします。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加