Barcelona/Mis favoritos
ヨーロッパへの旅行と蚤の市 スペインでの暮らし
 



今回スペインに来て早6ヶ月が過ぎました。
3ヶ月以上の長期滞在は15年ぶりです。
ビザの延長をして、もう一度キチンと勉強し直す為に学校へ行き、
バッグをひったくられたり、テレフォニカに騙されたりと、
いろんな事がありましたね。
こんないろんな事があるからこそ、単語を調べたりして言葉をおぼえるのかな?
毎日があまりにも平穏無事だと、覚えないこともありそうです。

それにしても、こう物価があがるとこっちの生活も楽ではないです。
以前はお金持っていなくても、気楽で楽しかったんですが・・・。
それでも東京の生活よりは気楽でエキサイティングではあります。
かなり中心街の下町にに住んでいるせいもあると思うけど。
日本では関東地方のどちらかと言うと「田舎町」に住んでいるので
鳥の声や風の音の聞こえる静かな生活です。
あまり日本には帰りたくないけど、どっぶりとお風呂に浸かるのだけは楽しみにしています。

コメント ( 11 ) | Trackback ( 1 )




ついにやられてしまった!
はっきり言ってうかつだったとしか言いようがないです。
さすがマラソンの強いアラブ系は逃げ足も早かった。
取られた物は財布と友達に譲ってもらった携帯電話とタバコのみ。
大切な物はなにも無かったので、不幸中の幸いです。
ハンドバッグは古着屋で買った合成皮革でだいぶ弱っていたので
ハンドルがちぎれてしまいました。
どちらかと言えば用心深いほうなので、バッグを取られないように
手をポケットに突っ込んで防衛していたのですが、
ハンドルがちぎれてはどうにもならないです。
まあ、怪我がなくてよかったです。
次の朝、すぐに国際電話でカードをストップして、
口座に入っているお金を他の銀行にネットで移動、これで完璧。
携帯電話のカードは同じ電話番号を使えるようにできるサービスがあるので
お願いしに行きました。携帯は使い始めたばかりだったので
また新しい物の機能を覚えるのが面倒。
こっちでは携帯電話は日本で廃止になったプリペイド式があるので便利です。
取られても、前の暗証番号は使えなくして、本体だけ買えば大丈夫。
日本のように泥棒が個人情報をどうこうするような事はまだやっていないようなので
その辺はあまり心配ないようです。
傷ついたのはプライドぐらいかな。
ちょっと気が緩んでいたので、さらに気をつけるようにします。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




あけまして おめでとうございます
と、行きたい所ですが・・・、時差が8時間あるので
こちらはまだ大晦日の午後4時です。さっきお昼ご飯を食べ終わり
夕方には映画でも見に行こうかと思っています。

こっちには紅白歌合戦はないけど、たぶん今日の特番は
歌って踊って新年を迎える企画でしょう。

画像はこちらの「クイズ ミリオネア」
イギリスがルーツだと聞いているけど、確かではないです。
男性はスペインの「みのもんた」どっちがまねしたか、
たまたま同じ様なキャラクターを抜擢したのか、
リアクションがとても似ています。
日本だと間違えると賞金額が少なくなるけど
スペイン版は正解した所までいただけます。大判ぶるまい。
問題の難易度は、やはり最初のほうだと私でもわかるぐらい簡単です。
一番最初の並べ替えは短時間すぎて、問題の意味を考えてる暇もなく全く判らない。

日本では30日の番組はすでに
特番ばかりだけど、こっちは平常業務でした。

読んでくれたみなさん、1年間、ありがとうございました。
良いお年を、また来年もよろしくお願いします


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨日はスペイン人の友達の誕生日パーティーに呼ばれました。
こんな、誕生会もいいな!と思わせるものでした。
どこが?かというと、パーティーに欠かせない食べ物がシンプルだったこと。
飲み物はカバ(スペインのシャンパン)とジュース、コーラ。
食べ物はナッツやポテトチップスにサンドイッチ。
このサンドイッチはイギリスの食パンのようなものではなくて、
8センチぐらいの胡麻やクルミの入ったパン等にこちらの生ハムや
チーズを挟んだ物数種類。とても気軽でよかったです。
自分の誕生会は好きじゃないのでやらないけど、
こんどパーティーをやる機会があったら、こんな感じと
にぎり寿司やバスクのピンチョからイメージして、気軽で簡単に食べられる食事でやってみよう!

なんでタイトルにチーズマーマレードかと言うと、
そのパーティーでだされたサンドイッチの中にメンブリージョとチーズの挟んだ物があったから。
メンブリージョって言うのは、マルメロ、カリンの事でジャムになっています。
色は茶色、もちろん甘いです。それにチーズも挟まっています。
日本人にはジャムとチーズの組み合わせはちょっと不思議。
でもこれが以外においしいんです!すごく合うので試してみてね。
チーズトーストにマーマーレードなど、少し酸味のあるジャムの方が合うみたい。
ヨーロッパではこの他に白いチーズに蜂蜜をかけてデザートにします。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日はクリスマスイブでしたが、別に何も無く静かな1日でした。
こっちは日本と違って朝から近所は本当に静か。日本のお正月の感じかな。
窓から見える電気も広場の木の葉が落ちて、よく見えるようになりました。
たしかこのまま1月まで電気は付いたままです。
木曜日から学校が2週間休みなので、昨日は博物館へ写真展を見に行ってきました。
バルセロナの昔から今までの街や人たちの写真展。
ふと、1枚の町中の写真に目がとまりました。
家の近所の写真で60年代初頭のものです。どこの通りかは判るのですが
通りの看板がなんだか変?道の隅の建物に必ず付いている通りの名前の看板が
カステリャーノで書かれているからでした。
いつも見慣れたカタランの看板がカステリャーノだと本当に違和感を感じます。
70年代まで続いたフランコ政権が終わって今年で30周年で
テレビでも盛んに特集番組を組んでいました。
そういう暗い時代も経験し、カタラン人はケチだとか言われますが、
今はバルセロナは不動産バブルまっただ中です。
少々住みづらくなってはいますが、それでもまだ大好きな所です。
できればタイムマシンがあれば100年前に戻って、
20年ぐらい前のバルセロナに住んでみたいです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




先週1週間は連休で学校はお休みでした。
1週間ぶりの授業でしたが、クリスマス、年末もあって生徒は少なめ。
あまり休みがあると、学校へ行くのが面倒になるのでうれしくないです。

クリスマスのイルミネーションが付いて以来、外を出歩く人の多いこと!
アパートの窓から見えるイルミネーションは、付いたばかりのときは
街路樹に隠れてほとんど見えなかったけど、だいぶ葉も落ちて
よく見えるようになりました。

アパートの付近はまだ下町のムードの残る地域で、昔ながらのお店も
わりと残っています。先日、ピンクッションの中綿を探しに手芸店へ行きましたが
日本と違って手芸店は綿を扱っていません。直訳すると「クッッション屋」と
言うのがあって、そこにはポリエステルの綿、ウレタンの細切れにした物等
クッションのような物の中に詰める物ばかり売っています。
小分けにして売られている訳ではなく、高さ1mほどの大きな袋詰めにされ
グラム売りです。
「何グラム欲しい?」
そういわれても綿が100gでどのぐらいの量があるかも想像つきません。
「好きなだけとって、計りなよ」
とりあえず50cmぐらいのクッション1個分の固まりほどを貰って600円ぐらい。

この店の前を毎日通りかかるのですが、太ったおじさんはいつも店の奥で
テレビを見ながら、お客を待っています。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日、パスポートを取りに行ってきました。
ほぼ確実だと思っていましたが、
実際にパスポートを返してもらわないと絶対とは言えません。
2月15日に出発のチケットを買って提出したので、
きっかりその日までの延長ができました。
友達の間ではできないと言われていた事ができたので、快挙な出来事です。
私も途中まであきらめていたので、これができると教えてくれた友達に感謝です!

さて、後は学生ビザの書類だけ。
実際に大使館から取り寄せた資料には1週間の授業時間数は明記されていません。
これが問題です。一般的に言われているように15時間以上あればいいのか
少なくてもとれるのか?
実は2月からの授業時間が2時間足りません。そのかわり期間が長いのです。
ちょっと困っています。どうなるかな?難問です。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




写真のサラダ、とてもきれいでしょ!
スペイン人の友達の家での食事のときに出たサラダです。
私のザクロのイメージは絵のモチーフ、庭木、昔の子供のおやつです。
いままで食べたのは1度だけ、しかも遠い昔。
このサラダ、きれいだし簡単だし、おいしいです。
今はもう季節外れだけど、絶対に女の子は好きだと思う。
夏の間に自分でも作ればよかったな~。

簡単なのでレシピを紹介します。
レタス、リンゴ、ザクロ 以上です。
レタスは細かくちぎって、リンゴはさいの目に切ります。
ザクロはバラバラにして、混ぜるだけ。
スペインではドレッシングは特に作りません。
塩、コショウを少し、オリーブオイルとビネガー。
ビネガーは少なめの方がおいしいです。そしてよく混ぜるだけ。
ザクロには小さな種があるけど、ぶどうの種より柔らかいので
そのまま食べてしまいます。
日本では大きなフルーツ店や庭木でしか、ザクロは見た事がないのですが、
ちょっと試してみたい夏のサラダです。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




本日やっと電話が付きました。100日待ったんですよ!
私より後に契約した友達も2ヶ月遅れでしたが、先を越されてしまいました。
でも今日は祝日。どうして今日来たの?スペインでは祝日は絶対休みだと思っていたので
友達から「明日来るって!」と、連絡があったときは半信半疑でした。
でも来たのでした、クリスマスでお店も比較的開店してるから、
テレフォニカも追い込みなのか、それとも電話工事の人の残業なのか?
しかし、電話はついたのですが、私の契約したルーターを持ってこなかったのです。
日本では、来た人が問い合わせしてくれたりしますが、
こちらでは、「僕は担当外だから・・・」「多分大丈夫じゃない?」
と、こんな調子です。
しかたないので、明日、明細書とモデムを持ってテレフォニカへ行ってきます。
長く住んでいるわけではなくても、こんな事にであってしまうのですから
長く住んでいる人たちは、大変だったでしょう。
地元のスペイン人でさえ、こういうことに巻き込まれるんです。
とりあえず電話が付いたので、友達の家に電話したりしました。
これから、まだインターネットできるように戦いは続きますが、
一番の戦いが終わったので、なんだか拍子抜けです。
本当の大勝負はやはりビザでしょうね。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




11月28日の午前中12時にテレフォニカは来るはずでした。
確かに頼んでおいた友達には2度も確認の電話があったと言う。
でもこなかったのです。
どうして?初期設置料と11月分の電話料も銀行から引き落としされているのに。
いままで聞いたところによると、電話がついていないのに、引き落としされた知人はいないよう。
でもみんなテレフォニカへの不満はあるようです。
クラスメートも2ヶ月待ってるし。
こういう所は本当にストレスがたまるので、あまり考えないようにしてるけど
お金引かれてしまったら、そういう訳にも行かないです。
さすがの私も少々頭にきてるので、銀行の口座を解約して、
新たにテレフォニカに知らせていない口座を作ろうかとも考えました。
今まで携帯電話を持たずにいたけど、仕方ないので使うことにもしました。
実は携帯電話きらいです。

スペイン語が堪能な訳ではないので、理由を訪ねたり、
苦情を言うのは一苦労です。しかも窓口はあくまでも、契約の受付窓口なので
それ以後の件に関しては、ほぼ無関係。
いままで友達のにもだいぶ手助けしてもらっていますが、
自分で問い合わせした限りでは、誰も謝りの言葉一つ言いません。
日本では会社で働いている人はその会社のミスも社員が代弁して謝罪するけど
こちらではたぶん違います。
いったいどこに苦情をいえば良いのやら?
だから一人で歩きながらぶつぶつ言っていたり、知らない人に
文句をいったりする変な人が多いのかな?



コメント ( 0 ) | Trackback ( 2 )



« 前ページ