湘南オンラインフレネ日誌

フリースクール湘南オンラインフレネの地域学習活動・就労支援活動の実践試行を書き溜めていきます。

3/12 転倒事故無事 災害関連リンク集

2017-03-13 06:22:56 | 地震津波災害ボランティア

2017/03/12 記
--------------
母のことは言えない。いつもなら、見えない側のつまづきは、反射的にフォローしている。ところが身を惰性のように動かしていて阻止されたので、なんとももろく転倒して、その瞬間のことを覚えていない。狐につままれたようだったのだ。湿布をすぐに貼ったので、尾てい骨は鈍い痛みは残るが無事だった。大腿骨をやったら、歩けなくなってしまう。

昔、私は生物調査のフィールドワークを企画して、子どもたちを引率できるように下見で鍾乳洞に入ったことがある。幸い私は闇の恐怖感はなく、知人と1泊することがあった。所有者との約束で、入洞許可代わりに、内部の観光写真をとって欲しいという依頼があって、ニコノスという専用カメラをM地持ち込んでいた。そのゴムパッキンが痛み、友人に交換部品を取りに戻ってもらい、ひとりで光を節約してビバーグしていたときのことだった。長時間の緊張が続いているのが原因なのだが、作業を終えて戻るとき、目の前に垂れ下がっている鍾乳石を観ていながら、次の瞬間、私は闇の中で目が覚めた。鼻血だらけになっていた。余裕を持って避けられたはずの場面だった。不思議な感覚だった。その瞬間が跳ぶのだ。

母が今、「めまい」で突然しゃがみこんでいることが、医者は原因不明としているが、わかるような気がするのだ。

いずれにせよ、建築騒音がない日曜日、久々に深く眠れたように思う。耳栓もはずれることがなく、当座は場面回避でいそうだ。

横浜の自閉症協会の3.11企画講演会の様子を聞く電話を入れたが、誰もでなかった。母のことがあるから、茅ヶ崎の「太陽の蓋」の上映会にでるのがせいぜいのことだったが、転倒事件も手伝って、「ぷれジョブ」の定例会のあと、そのまま帰宅したが、なんとなく取り残されたような気持ちにさせられていた。

生業の書式始末のことで、青色申告の手直しをして一日が終った。明日、申告書を出す。付け焼刃といわれても弁解のしようがない。

メルロが切れたと母。明日帰りに買うと私。もうヘソまげて居室からでてこないのに,閉口している。わずかな贅沢と主張されても困る。

 


<気になる記事>
-----------------
●「<震災6年>避難生活なお12万人超」
●「<震災と障害者支援>困難取り除く配慮を」
●「<震災と聴覚障害者>手助け依頼 ためらう」
●「<震災と知的障害者>環境の変化に苦しむ

●「<震災と障害者支援>困難取り除く配慮を」
●「在宅酸素療法患者 災害時の支援体制構築へ


夜間傾聴:3月いっぱい休止

(校正1回目済み)

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3/11 東日本大震災から6年目... | トップ | 南三陸の避難所記録が発刊さ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

地震津波災害ボランティア」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。