湘南オンラインフレネ日誌

フリースクール湘南オンラインフレネの地域学習活動・就労支援活動の実践試行を書き溜めていきます。

11/7 今週、懇話会ガイドちらしの準備に入れるか?

2016-11-08 06:16:41 | 地震津波災害ボランティア
2016/11/07 記
--------------
母のダンピングが嚥下障害と結びつき、危険な事態になったことで、恒例のリハの前に医者に連れていった。決定的な回避策はなく、食事後横にならないように自己管理するという程度で、粘膜のただれのチェックをしただけで診察が終わった。半分苛立ちをこめて、救急時、救急車を呼ぶことになるのかと問う。腸の活動を鈍くさせる薬が処方されただけで、母は大丈夫だとリハに出かけていった。追ってリハの業者に昨夜の様子を伝え、様子見を頼んだ。

とにかく気温が下がって、日が短く、事情を説明して昨日の高認受験者との対話は、塾長の奥さんにお願いした。夜型生活の私には、日が身近すぎる。

今、私のやれることは何か、それを常に意識している。決算が始まる時期、来年1月の懇談にした方がいい。しかし、いっぱいいっぱいの可能性をつなぎ合わせて、被災地の障がい者とその家族は、避難生活を継いでいる。それが湘南の私達が当事者になったとき、ましてや家族が被災で失われたらどうなるのだろう。気付いた者が協力が得られなくとも、出来る範囲のことは、やらねばならない。この指とまれ型の活動は、当然空転のリスクを引き受けなくてはならない。脱力を自己に言い聞かせつつ、運を天に任せるような発想は、受け入れるつもりはない。

だから「『真似が出来る』有効な手立て」と言う社会活動の力を、作っていくことに、リアルを感じるのだ。やれる者が深めればいい、そういうことだ。

------

塾長の奥さんから電話があった。全員問題なしとの話。今回は調子がいい。問題は大学受験。この時期の合格者はハンデがある。塾長夫妻が判断するが、過積載にならぬように、見ていくのは私の仕事。煮詰まり人間ゆえ、なおさらに難しい。

--------

母の食事は、豆腐としっかり日を通した長ネギ、そしてカマスを使って、乳製品と玉子を避けた。今のところ、無事朝を迎えている。タフだから、逆に困る、そういうこともあるのだ。

---------

「お薬手帳QRコード版」について、項目だてに

1)臓器提供の意思の有無
2)献体の意志の有無
3)輸血・ハラルの意思表示

を加える点を忘れていた。健康保険証の裏面は、関係者が皆発想する奪い合いのところなのだ。

夜間傾聴:ふたり

(校正1回目済み)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 11/6 高認最終日/懇話会1月... | トップ | 11/8 県の関係打診開始/企業... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。