湘南オンラインフレネ日誌

フリースクール湘南オンラインフレネの地域学習活動・就労支援活動の実践試行を書き溜めていきます。

10/20 押さえ込まれた一日、最近ここまでは珍しい

2016-10-20 05:53:11 | 地震津波災害ボランティア

2016/10/20 記
--------------
サポチガの全体会の日、地域包括支援センターのケアマネさんが、突然やってきた。母の様子の定期チェックなのだが、また足止めをされてしまった。田舎方式とでもいうか、玄関に突然入ってきて「こんにちは」と大声。出かけようと着替えていた私は、襖一枚のこちら側。いままで長いこと、在宅介護で関係者と付き合ってきたが、この田舎方式の方は、初めて。いつも間が悪いので、その都度やめるように言っているのだが、直った例がない。

母のリハの様子と身体状況のチェックをして帰るのだが、畳生活の我が家は、母が客の気をつかい、お茶をだしたり、資料をもってきたりと、立ったり座ったりを繰り返すのだが、友人の葬儀の件で、前日歩いてきたので、足が不安定になっており、転倒の危険があった。その様子もキャッチしてくれない方なのだ。その間を私が代行して、結局出かけられず1時間が過ぎた。

電話で都合を聞いて欲しいと要望し、話は終わった。

子育てと介護は、予定どおりにいかない。苛立ちは諦めに変換。いい方法はないかと、思案中。

---------

やむおえず、ビッグイシューの配布に専念。石巻の行政の**さんに、2回後の高齢者関係の懇話会出席依頼の失敗のメールに、施設関係者を紹介してもらえまいかと、ずうずうしいレスを返した。また雲仙の元看護師の++さんに、熊本地震レポートを執筆してもらえないかという依頼も失敗。書く才能がないのでというバリアを懐柔していたのだが限界。ふむ、友引とはいかんと腕組み。

いいとこなしで、一日が終わる。

自炊鯖の味噌煮。完食させた程度なり。

夜間傾聴:開店休業

(校正1回目済み)

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10/18 懇話会に言う「現場の... | トップ | 10/20 障がい者被災の番組が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。