湘南オンラインフレネ日誌

フリースクール湘南オンラインフレネの地域学習活動・就労支援活動の実践試行を書き溜めていきます。

5/13 網膜色素変性症の情報収集/鉛筆の香りマニア君の買い物代行 他

2017-05-14 05:08:18 | 地震津波災害ボランティア

2017/05/13 記
--------------
雨の中、橋本に出る、対面指導。帰りに横浜に寄り、県サポに立ち寄る。今回は防災の関係ではなく、私の眼、網膜色素変性症の患者会との連絡だった。iPS細胞移植技術の情報は入ったが、新薬情報は、あるはずなのだがつかめなかった。私の症状の特徴は、一般には周囲から視覚がなくなっていくが、中央部から拡がり、斑に白い綿状に見えない島が広がっていく。左右差があるため、片目で物を見ている状態で、視覚が多少救われている。今回尋ねたのは、進行進度のことと、老眼との関係のこと、それに携帯電子拡大機の商品情報だった。進度にはムラがあり、休止期もあること。少し救われた気になった。

携帯機は虫眼鏡的だが、必要部分の画像メモが蓄積できること。通信の世界では、フォントの拡大機能を使えば、コマンド部分以外は調整がつく。ところが書籍等、紙メディアを使うときは、虫眼鏡機がいる。全盲の方はピン点字機もあるが、中途失明候補者にはハードルが高いので、虫眼鏡機を使う。

落胆抑えながら、書店めぐり。3冊購入。

●「オープンダイヤローグ」
●「ユマニチュード入門」
●「非営利団体の資金調達ハンドブック」

いずれも神奈川県図書館OPAC在庫書籍なので、一度借りて、買う価値があるか検討するといい。

前二者はコミュニケーション関連。最後は切実だが、今の私には被災現地のドライバーさんの確保。田舎の徒歩では用が足らないのだ。

不思議な子がいる。鉛筆の木の部分の香りが好きで、一日中かいでいる。鉛筆を手放せない。無理にやめさせないが、徐々に気をうつさせていく。ところが今回は銘柄指定されて、彼の好みの鉛筆を買ってくること。落ち着かないよりはいい。

懇話会ゲスト依頼の応答メールあり。詳細を電話対談することに。ただ被災後、高齢者施設職員をやめているので、情報が古いところが気になる。調整開始。

夜間傾聴:ひとり

(校正1回目済み)

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5/12 全国医療的ケア児者支援... | トップ | 5/14 母転倒、今日一日休んで... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

地震津波災害ボランティア」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。