湘南オンラインフレネ日誌

フリースクール湘南オンラインフレネの地域学習活動・就労支援活動の実践試行を書き溜めていきます。

2/23 金曜災害ミニカフェ3月分から/花粉症、雨というのに…

2017-02-24 04:47:54 | 地震津波災害ボランティア

2017/02/23 記
--------------
昨日に続き、授業の交代2日目。以前の私の塾で使っていた「噴出しチャート」のアプリを使って授業をして、しまったと思った。次回は元の**さんが戻ってくる。面食らうことになりかねない。実はあまり語りたくなくてPCを持ち込んだのだが、くしゃみと涙目がとまらず、あいにく医者が休みの日だったので、クラリチン配合の市販目薬で急場をしのいだ。時給が減る下がる…。けちな話だが。

母は、雨というのに花粉症がおさまらないと一日中寝床にいたらしい。

---------

「金曜災害ミニ・カフェ」3月分予定が仕上がった。これが金曜日の話し合い最終回。4月からは、「火曜日」「14時から」に切り替わる。「火曜災害ミニ・カフェ」となる。3月は、いずれも再放送。

------ ここから ------


Mar.2017
---------

番組:NEXT 未来のために
   「熊本地震2ヶ月 日赤こころのケア・チーム」
日時:2017/03/10 14時
場所:茅ヶ崎サポセン

●熊本地震は、本震2回、絶え間ない余震という、拷問に近い避難生活の日々を過ごさなければならなかった。疲労し絶望して折れるこころをPMAT(こころのケアチーム)が活躍した。しかし、人手は足らず、地元医療行政カウンセラーへと、受け渡される被災者のこころのサポートは、地元ボランティアとの分業はありえないか。連携へ、議論しましょう。

番組:ETV特集「困ったときは お互い様
      /孤独死ゼロ 大山団地の挑戦」
日時:2017/03/10 14時
場所:茅ヶ崎サポセン

●村落共同体が残る地域の災害復興と、都市・都市近郊部の地域の災害復興は、町のコミュニティといっても、様相がだいぶ異なっている。大山団地は外国人家族の比率の多い、新たなコミュニティをつくらなければならない。家族の生活において、地域の価値を見据えたコミュニティ作りは、高度な自治意識を求められる。緩やかな連携と、個々人の見えるつながり。その実験レポート。

------ ここまで ------

確定申告の無精者泥縄整理をやっている。糖尿病の医療費が結構高い。

県保健福祉事務所とは、今回が最後。機能が市に移管されるからだ。県とは横浜でとり直しか。


夜間傾聴:ひとり

(校正1回目済み)

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2/22 花粉症でダウン | トップ | 2/24 金曜災害ミニカフェポス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。