真実の扉

「何もしないことをする時」「何も考えないことをする時」・・本当の自分の扉が開く

小林麻央さんのことが話題に

2016年10月08日 21時49分47秒 | スーパーフード

小林麻央さんのことが今日「健康スタジオ」で話題になりました。

というのは、以前乳がんで当院に数か月通院されたYさんが、そのとき同時に持病だった坐骨神経痛の痛みが再発したようで辛いと再来院されました。
1年半ぶりぐらいです。
坐骨神経痛という病気は多分存在していないのですけど。
存在していない病名をつけて治そうとするから的外れで治らないのです。

何年も辛い思いをして100万円以上使ったようですが、実は、その時は私には腰痛は治せないと思っていたようでした。
乳がんしか頭になかったようでしたので、何回か通ってから世間話で腰痛のお話しをされました。
が、治療に入ってから2回の通院で痛みが半減しました。
今回も帰り際、痛みはとりあえず消えていたようです。

私の自慢話はそれぐらいにしておいて、
その方は南雲吉則先生のところで乳房をくり抜いて乳房の再建を勧められ、嫌だと断ったら可なり怒られたそうです。

それで別の医院に通ってホルモン治療を考えたのですが、治療期間が長いのと後遺症が嫌で当院に来ました。

良くなってまだ通院を止めてから1年半ですが、「希望の命水」も飲んでいていまのところ再発の心配はないようです。

そんなことで他人事ではないようです。
Yさんは麻央さんのブログを毎日読んでいるのだとか。

WS000000

しかし芸能人というのはどうして民間療法に目がいかないのでしょうか?

私は麻央さんのブログは読んだことありませんが、Yさんによると病院ではたくさん栄養をつけてくださいみたいに言っているとか。

断食で100万人に1人のガンを直した人がいるのに
( ↑ 上から4つ目の動画 )

入院中は パン(小麦) も食事に出しているようですが、牛乳も出しているのでしょうね。

   


パンと牛乳、これ二つとも乳がんの元ですよ。

ブログには毎日何万人の人からコメントが入っているようですので、病院に行ったらガンは治るどころか悪くなることを教えている人もいるのでしょうが、私から見ると とっくに崩れている常識にまだまだ呪縛されているのですね。

ガンになる前にガンのことを知っておきましょう。
これが本当に大切です。





放射能を強く吸着することが判明した黒雲母花崗岩から36種のミネラルを抽出


酸化とは電子が無くなることで還元とは電子が戻ることです。それ以外の何ものでもありません。
しかしこれが出来ない。それを可能にした電子を発生する商品の取り扱いを始めました。



初めてご訪問の方は「真実の扉」ホームページにも是非お立ち寄りください。
 
幾多の過去生を思いだした志摩川友重さんの
前生の「おもいで」を綴ったサイトは霊界の記憶を含めたたぐいまれなものです。


「心と体の痛み専科 健康スタジオトゥルーゲイト」という施設を運営しています。
お身体の不調な方も不調でない方もこちらにもお立ち寄りください。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 月曜土曜日曜が5日 | トップ | 東京オリンピックで大疑獄が »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。