真実の扉

「何もしないことをする時」「何も考えないことをする時」・・本当の自分の扉が開く

昆布で放射線ヨウ素は防げる

2011年03月31日 23時14分42秒 | 東日本大震災関連

放射線ヨウ素は半減期が8日とは耳にタコができるほど聞きましたが、では、体内で8日後に半分までに減ってたヨウ素はどこに行ったのでしょうか?
そんな疑問を持ちました。


そうしたら今日買った「週刊朝日」の4月8日号にこんな記事がありました。

「半減期が30年と長いセシウムばかりが注目されていますが、それは違う。ヨウ素の半減期の短さは、活性の激しさを意味しています。放射能はむしろ強く、危険は大きいのです」

人生も充実した人生を長くというのはなかなか難しいようです

つまりヨウ素で体内被曝をしてしまうとそれだけダメージも大きく、体にも変化が早く現れると考えられます。
次に体内と屋外で半減期に差があるのか。
屋外でも冷蔵庫に入れた野菜とそうでない野菜では半減期に差が生じるのでしょうか?

記事では同じとのこと。どこでも8日間で半分だそうです。
そしてほうれん草などに付着したヨウ素は湯がくだけでもかなり落ちるとのこと。
勿論、水で1/10程度になるということは良く目にします。
以上は「放射線影響協会」の見解。

次に昨日の「日刊ゲンダイ
昆布のヨウ素は微量なので食べてもあまり有効ではないとメディアからの情報が流されるたびに苦々しく思っていました。
そしたら昨日の
「日刊ゲンダイ」にヨウ素で放射線から身を守ることに関して、昆布に含まれるヨウ素量とその効果について書かれた記事がありました。
以下は、元放射線医学総合研究所主任研究間で医学博士の崎山比早子氏の見解です。



放射線ヨウ素が体内に蓄積されると甲状腺ガンを引き起こすリスクが上がりますが、それを蓄積させないようにするには昆布水を飲むことが有効といいます
10センチ四方の昆布を水に付けそれを飲むのです」
では原発が爆発した時に避難所などで配布される安定ヨウ素剤と同量のヨウ素はどの程度飲めばいいのか?

10センチ四方では(昆布の種類によって差があるが)4枚分で安定ヨウ素剤と同量のヨウ素摂取になるとのこと。
こどもはこの半分で良いという。
「毎日これだけの量を飲む必要はありませんが、もしニュースで原発が爆発したということを聞いたら、直ぐに飲む。安定ヨウ素剤のデータでは、放射線ヨーソが甲状腺に集まるのを93%阻止できるといわれています。時間の経過とともにその率は下がり、24時間後だと7%しか阻止できません」とのこと。
ということはこまめに飲むことが必要。


 放射線が多くなったら、私は昆布(根昆布)に塩を入れた水筒を会社に持っていこう。

昆布なら何でもいいのではなくて「根昆布」にヨウ素は多く、
特に「がごめの根昆布」はヨウ素含有量が普通の昆布の10倍、とろろ昆布も多い。
http://gagome7.seesaa.net/category/9944372-1.html
だから昆布10センチ四方はがごめ根昆布1個分ぐらいでしょうか。

ここの記事で販売店を紹介しました。
http://blog.goo.ne.jp/tobira2002/e/bcd6d0532b448a146b63e47e8e38014e


またヨウ素は加熱しても大丈夫なので味噌汁に多目の昆布をいれるのも良いとのこと。
ヌルヌルガ嫌いな人は普通の昆布で試してみたら。


関連記事
http://gendai.net/articles/view/syakai/129654

思うところがあったら Clickしてね。。。
  

初めてご訪問の方は「真実の扉」ホームページにも是非お立ち寄りくださいませ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今の日本を象徴した話 | トップ | 共有したいコメント »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
真の友人 (TK)
2011-04-01 19:39:35
困ったときに、本当の友人が誰だか気付かされますが、国家にも当てはまるんですね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110401-00000094-jij-int
震災義援金100億円突破=支援桁外れ、親日ぶり示す―台湾

時事通信 4月1日(金)15時21分配信
 【台北時事】台湾当局のまとめによると、東日本大震災の被災者への義援金が1日までに、官民合わせて計100億円を突破した。米国が赤十字を通じて集めた寄付が3月30日現在で約99億円。人口が約14分の1の台湾が同規模の義援金を集めたことは「桁外れの支援ぶり」(日台関係者)で、台湾人の親日ぶりを端的に示している。
 台湾では大震災発生直後から被災者支援の輪が広がり、外交部(外務省)が震災発生当日に1億台湾ドル(約2億8500万円)の義援金を送ると表明。同月 17、18の両日にはテレビ局などがチャリティーイベントを開催して寄付を呼び掛け、これまでに約9億台湾ドル(約25億6600万円)を集めた。同部が把握していない寄付も相当程度あるとみられ、実際の金額はさらに多いとみられる。 
TKさん (とびら)
2011-04-01 23:07:46
TKさん、うれしい情報をコメントしていただきまして有難うございました。
有難うございます! (松風里沙)
2014-07-31 09:57:16
予想通りでした!
根昆布と玄米、天然塩でいきますね。
松風さん (とびら)
2014-07-31 20:40:49
はい、ありがとうございました。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。