真実の扉

「何もしないことをする時」「何も考えないことをする時」・・本当の自分の扉が開く

朝食抜きと1日1食

2014-10-30 14:35:22 | 食と健康

9月に下書きしていてUPし忘れた記事を見つけました。食事の話で二つもありました(笑い)

先月JESから「希望の命水」の定期便が届きました。
それに同梱されていた「ミネラルだより54号」に「だし&栄養スープ」と「 くろご」の製造元の猪股恵喜千年前の食品舎社長の話が出ています。

朝食は食べない方が良い、というまだマイノリティの考えを持っていてくださっているようなので、「1日1食」の前にちょっと紹介します。

先ずは応援のClick お願いします 


ただよく読むと少しは食べているようです。
私も小皿に果物だけは食べています(妻とのお付き合いで何となく)。

一部、紹介します。

朝食が運命を変える

多くの方は、大人も子供も皆、「朝食をしっかり食べなくてはいけない」と誤解されている。
しかし、一般に大人は晩御飯が遅い。大人がその状態で朝ご飯を食べると、血液中に未消化物が回る。

これらはある程度はリンパ球が頑張って食べて処理してくれるが、リンパ球は満腹状態だと働いてくれない。
仮に体の中にガン細胞ができても、リンパ球が空腹であれば、このガン細胞を喜んで食べてくれるのだが、リンパ球が満腹だと逆にガン細胞のエサになってしまい、ガン細胞を増殖させてしまうのだ。

特に30歳以上の方が対象になるが、ガンにかかるかからないかの、運命の分かれ目となるのだ。

時間外医学

人は大人になると、育ち盛りの子供と違い「消火・吸収・排泄」のリズムに変化が出る。
大まかにいうと…

午前4時〜正午まで 排泄の時間帯
正午〜午後8時まで 食事と消火に適した時間帯
午後8時〜翌朝4時 吸収と代謝、修復の時間帯
(この後、猪俣社長は子供や若い人は別でしっかり食べろというがこれはどうか?
 子供でも朝は交感神経が働き始める時間だが、朝食はそれを妨げるので食べても程々に)

健康で長生きのために

空腹状態になると成長ホルモンや、生活習慣病改善に大きな力を発揮する『アディポネクチン』など、様々なホルモンが分泌される。
また30〜40%のカロリー制限で、アディポネクチンが活性化され、長寿遺伝子が目覚めたり、「健康寿命」を伸ばせることは日本や米国の未来にとって大切なことです。
日本も健康寿命という点では限界に来ています。

日経ビジネスの9月の号に、「隠れ介護が会社を蝕む」という記事が出ていました。
何と10人に1人が介護を抱えて仕事をしているとのことです。

そして間もなく5人に1人に達すると予測しています。
いまでも年間10万人が介護離職していますが、今後はもっと増えるということです。

だから事態はもっと悲惨になると思います。
不況が続いていてお金に余裕のある若者が少なくなります。
兄弟が多ければ、その時点で介護する余裕のある兄弟がいるかも知れませんが、少子化の今後は一人っ子だったら老老介護のあとはかなりの確率で両親をみないといけないです。

まだ子供がいればいいですが、いないと兄弟に頼るとか大変です。
離婚も増えているので誰も介護してくれない人があふれてしまいます。

冗談抜きに健康維持は大切です。


1日1食6(これも忘れていた記事です)

船瀬俊介氏の著書「やってみました1日一食」からの体験談です。

●30年来の痛風も鎮まった。タクシートライバー。
 67歳男性、175センチ、77.8キロ

船瀬氏の大学の先輩で柔道4段。
今年4月から1日1食ファスティングを始めた。
1か月5キロの減量。
30年毎年悩まされていた痛風の発作が鎮まった。
痛風は汗をかき始める夏に始まる。
薬も一切止めた。

朝抜きがダイエットにいかに効果があるかですが、この方はそれまで朝食はいつも蜂蜜をつけた食パン1枚とバナナ1本だけだったそうです。
そんな少ない朝食をやめただけで1か月で5キロ減るほどの変化が起きたのです。


●「食べないと筋肉が落ちる」はウソだった。
 ボディ・ビルダー兼ファスティングのインストラクター

35歳男性、163センチ、65キロ

ファスティングを指導するにあたって自分も41日の(水だけの)断食を経験した。
普段は夜食べずに朝昼1日1.2-1.4食を食べるので、今回は41日間の断食について書く。

体重が68キロから55.6キロに落ちた。
背中のニキビ、鼻炎が完治。


●インスリン注射を一か月で離脱
 病院の食事指導に恐怖を感じた。
 会社社長。

夜の接待が続き血糖値が500に跳ね上がった。
入院したら3食しっかり食べろと指導され、おかしいと思った。
3日食べなきゃ、7割治る」と出会い1日1食を慣行。
これを機会に飲酒・喫煙をやめた。

体重が減らず、筋トレで増えた。
はじめの3-4日は食べずにインスリン入れて低血糖。怖くなってインスリンをドンドン止めていった。
1か月でインスリンから離脱に成功。
ヘモグロビンA1cも14 (6.7から糖尿病)あったのが正常値になった。
筋トレの所為か、1日1食を続けていても体重にそれ以前と大きな変化はない。


●空腹で気持ちよくシェイプアップ
 カイロプラクティック講師(栄養士)
 女性、36歳、167センチ、47キロ

40日間の断食後に1日1食に。
肉を食べたくなくなった。
めまい(低血糖)、空腹感を楽しんで観察した。
体が順応してすぐ慣れた。
54キロから47キロに体重が減った。
プロポーションが良くなった。ウエストが閉まり、腰回りの筋肉が上がり、ヒップが張ってきた。
フライパンは使わなくなって、野菜サラダは塩とオリーブオイル。
栄養士の学校を出たが、いかに現代の栄養学がおかしいかが解った。

母親が糖尿病で糖質制限しているのがバカに見える。
1日1食していれば糖尿病になりっこないのに。


●医師も認める1日1食
救命救急医 47歳、181センチ、70キロ
体重が87キロから70キロに減る。
1日1食は万病を治す健康法。
1日1食は毒をほとんど摂らないから排毒を進める一方となる。
お腹が空きもしないのに時間になって食事をすることは間違い。

医師の関係から毎年インフルエンザ患者と接触して年に1-2回インフルエンザにかかっていた。
昨年12月からかかっていないだけでなく、いまはインフルエンザ患者とマスクもしないでわざと1メートル以内で接触している。自分で(1日1食が免疫力を高めることの)人体実験をしている。


応援のClick お願いします  

初めてご訪問の方は「真実の扉」ホームページにも是非お立ち寄りくださいませ

幾多の過去生を思いだした志摩川友重さんの
前生の「おもいで」を綴ったサイトを新設しました。


痛み専科 健康スタジオトゥルーゲイト」という施設を運営しています。
お身体の不調な方も不調でない方もこちらにもお立ち寄りください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« S…P ○○タクのお母さんも希望... | トップ | 名古屋のBSセラピー開催にご... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。