真実の扉

「何もしないことをする時」「何も考えないことをする時」・・本当の自分の扉が開く

スマーティで共時性

2011年12月29日 22時32分25秒 | 痛み専科 健康スタジオ

スマーティブーム、スマーティ共時性です。

昨日のたけさんのブロクで彼がスマーティをレンタルしての感想を書いています
可なりハイになって興奮状態なのが伝わってきます。

で、今日の午前中はスマーティを家に持っているという奥さんのYさんが可愛い女の子二人を連れて施術にきました。
アトピーとちょっとリウマチの始まりのような現象が出ているようです。

で、右手の中指を温熱したのですが、終わって「どんな感じですか」と聞きましたら、
「右手は温熱していただいたので大分曲がるようになりました」と。

え、左手も曲がらなかったの? 知らなかった。
その後で温熱して上げれば良かった。
今度来ていただいたら埋め合わせしますね。

それで午後からはお母様が甲状腺ガンになって後半年の余命と宣言されましたが、いまも元気でいるというOさん。
何とスマーティをお母様の為に買ってあげたいので体験したいとのことでした。
低温で少し入っていただいて後は60分温熱しました。

予約はメールでしたが文書読んだだけで好青年と分かる波動をお持ちの方で、お会いするのが楽しみでした。予想通りの好青年でした。
お母様を玉川温泉に連れて行ったり、三井の温熱器を買ってあげたり、私が紹介した水を飲んでもらったり、アラビノキシランも買ってあげているとのこと。
努力の甲斐あって元気で良かった。
今は小康状態にしても、更にスマーティとラジウムシート使えば絶対に良くなると思います。

スマーティに関して(遠赤外線ということで)「がんに効く 遠赤外線療法への確信(かんき出版)」の目次から羅列してみます。

・手術不能の肺がんから回復
・量肺に転移した胸腺腫に遠赤外線療法が効いた
・胃がんですい臓、ひ臓を摘出後も元気に生活
・手術不能のがんの痛みがなくなった
・肺がんと転移がんが遠赤外線療法で改善した
・余命3カ月と告知されて1年以上も延命
・「新しい生命を与えられた実感がします」
・2クールの遠赤外線療法で胃がんと腸閉塞が改善した
・大腸がんの転移がんか゜完全消滅した
・前立腺がんが遠赤外線療法で完全消失した
・たった1クールで末期胃ガンが改善した
・肺がんでボロボロの体がすっかり元気になった
・肺がんによる背中の痛みが消えた
・余命3カ月の末期肺がんから順調に回復
・腎臓がん、肝がんと肺への転移がんが1クールでゴルフに参加
・肝臓がんと両肺への転移がんが改善した
・下半身マヒの骨転移が2クールで退院
・肺がんから一転、歩いてお花見に
・悪性リンパ腫の肺転移が驚くほど改善した
・手術を拒否し、遠赤外線療法で世界を飛び歩く
・骨転移の乳がんから立ち直る
・母乳温存手術で最悪の結果に向かったが
・右乳がんと肝臓への転移が改善した
・再発乳がんと転移がんが小康状態に
・尿膜管がんで遠赤外線全身温熱療法を受けた内科医
・十二指腸乳頭部がんが1クールで治癒

他・・・

凄いですね、それなのに遠赤外線は世間に広まらない。
何故でしょう。

更にラジウムシートも入手してお母様に使ってらうというので、毎時40マイクロSVでる格安なシートを紹介しました。
普通30万近くで売っているものですが、12万円で買えます。


大きさも充分です。女性でしたら太股まで少し掛かると思います。

スマーティでの共時性に関しては恥ずかしながら今日の施術全部終わってからきづきました。

思うところがあったら Clickしてね。。。


初めてご訪問の方は「真実の扉」ホームページにも是非お立ち寄りくださいませ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 離党連鎖 | トップ | 1年間有難うございました。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

痛み専科 健康スタジオ」カテゴリの最新記事