真実の扉

「何もしないことをする時」「何も考えないことをする時」・・本当の自分の扉が開く

日本の野菜は一番危険

2017年01月30日 21時16分47秒 | 食と健康

本題の前に
アメリカのトランプ大統領が難民の入国を禁止するなどの
大統領令を出したために、そのビザがあるのに入国を拒否されたりしたため、空港周辺で抗議デモが起きるなどの混乱が拡大しているようです。

トランプの方向性は支持しているものの、各論では首をかしげることが多いです。

移民問題は現実にアメリカに住んでいる人まで巻き込んでしまっていますが、本来は、「トランプの政策は不法移民の中でも「犯罪者」だけを対象にしており、推定1100万人の不法移民を一斉に国外退去させるものではないと主張したのだ 」の筈であり、解釈の問題でもあるようです。

しかし解釈を取り違える程にこんなに急いで履行するのは賛成できませんね。


 

国産の野菜は危険だと何度か書いてきました。
しかしスーパーなどに行っても国産野菜ばかりなので手の打ちようがありません。
無農薬野菜は殆ど売っていないし、有機農法野菜以上に高いので手が出せません。

しかしJESの「ミネラル鉱泉浴」を少し入れたボールの中に20分ほど浸しておくと農薬の94%が剥離されるそうです。年会員申込みはこちらから

私は、日本は世界の農薬の1割を使っているという現実を知っています。
中国とほぼ同じ量です。
でも中国の人口は日本の人口の10倍ですので、単純に計算すると国産野菜は中国野菜の10倍の農薬を使っていることになります。
土壌のことなどありますので、一概には言えませんが、安い中国野菜の方が安全なのかもしれません。
土壌は農薬を使うとどんどん悪くなっていき、ミネラルなどの含有量が少なくなります。
実際に日本の野菜はそうやってミネラルがとても少なくなってしまいました。

その程度の知識でしたが、
今日、日本の野菜についてもう少し詳しくネットで調べてみようと検索してみました。

早速ですが、
「世界一危険な日本の野菜」で検索するとこんなに出てきます

また輸入小麦の危険性についても検索してみました。
日本の小麦は90%が輸入です。外食のスパゲティもパンもうどんも国産は殆どありません。

【危険】輸入小麦は殺虫剤、防かび剤まみれ!米は小麦の代用になる

上記は「輸入小麦 防腐剤」で検索したときに出て来た記事の1つです。

私の記事も1画面目に2つ出てきましたので、下記に貼っておきますが、
Yahoo!にしろGoogleにしろ、そしてFacebook内での閲覧や検索にしろ、これらは統一的な検索結果は出ないのです。

検索歴などでその人固有の検索結果が導き出されるようになっています。
検索すればするほど、その人だけの固有情報が蓄積されていき、その人の思考にあった検索結果が出る仕組みなって行きます。

余談になりますが、つまり、検索すればするほど、検索結果の情報は偏ってくるという訳です。
facebookは無料で使用できる代わりに、こういう閲覧傾向とメルアド等の個人情報を企業に売っているのです。
怖い話です。
私がFacebookをやらなくなった一つの理由です。

因みに下記は「輸入小麦 防腐剤」で検索時にPCの上から6つ目に出てきた記事です。
乳がん患者の8割が朝にパン食、5 - 真実の扉 - Gooブログ

そして下記は7つ目です。
小麦は食べるな1 - 真実の扉 - Gooブログ

皆さんのPCではどうでしょうか?


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

 人気ブログランキング  




 ルルドの湶など、奇跡の泉の正体は水素水?? 

1日124円で家族そろって毎日温泉以上の体感!(大げさではない)!


 

  水道水は飲んではいけない?




放射能を強く吸着することが判明した黒雲母花崗岩から36種のミネラルを抽出


アメリカ発ですが、日本のエネルギーを世界に送る意図がニューベラスにはあります。


 酸化とは電子が無くなることで還元とは電子が戻ることです。それ以外の何ものでもありません。
しかしこれが出来ない。それを可能にした電子を発生する商品の取り扱いを始めました。


初めてご訪問の方は「真実の扉」ホームページにも是非お立ち寄りください。
 
幾多の過去生を思いだした志摩川友重さんの
前生の「おもいで」を綴ったサイトは霊界の記憶を含めたたぐいまれなものです。


「心と体の痛み専科 健康スタジオトゥルーゲイト」という施設を運営しています。
お身体の不調な方も不調でない方もこちらにもお立ち寄りください

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本の景気 2 | トップ | TPPは脱原発を永久阻止 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。