真実の扉

「何もしないことをする時」「何も考えないことをする時」・・本当の自分の扉が開く

世の中普通に動いてるけど

2016年10月19日 13時53分06秒 | オフ〇コ勉強会

世の中、時々オリンピックの事が話題になって普通に動いていますが、裏ではいろいろと準備が進んでいて、天変地異とかだけじゃなくて間もなくいろいろと起きてきます。

山口敏夫が何故都知事選にと思っていたらこんなツイートしていました。
山口さん、いろいろと知っているようですね。検察は事情聴取しているのかな?

弱い者イジメをしたこの都議会のボス内田茂が、オリンピックのドン、森喜朗元総理とタッグを組んでいる悪の枢軸を断ち切るために、私は今回の東京都知事選挙に敢えて立候補したのです。

またここには
「都議会のドン」内田茂が監査役に就任している会社が東京五輪で新築される3つの恒久施設のうち2件も受注したと書かれていますが、何と「有明アリーナ」の競争入札では、価格で負けたにもかかわらず、技術点によって【逆転劇】を演じたとあります。通常の入札ではこういうこと(価格以外で動く)はあり得ないのです。

さて、東京地検特捜部は内田氏だけではなくて、捜査を可なり広げているようです。

政治では大疑獄事件に発展する可能性と、もう一つ大きな動きが考えられるのは、小沢一郎の力量が既に発揮されていて選挙に勝利し出しています。

新潟では共産・自由・社民推薦の米山隆一候補が大差で自民・公明推薦の森民夫候補を圧倒しました。
自民党は勝利を確信していたこの選挙で敗北して、大ショックのようです。
 と、18日に書きました。

この流れが10月23日の福岡6区と東京10区の二つの補欠選挙でも同じように続くと思われます。
(東京は自民党の若狭氏が勝つでしょうが、若狭氏は小池新党に寝返ると思います)

それで終わりではありません。
これがずっと続いていく可能性があります。
どうですか、本当だとしたら日本の将来にも希望が見えてくるでしょう。

小沢さんが生活の党を自由党に改名した というのはその儀式のようなものです。

共産党の志位和夫氏と幹部が今年1月の(天皇陛下が出席される)通常国会開会式に出席したことが話題になりましたが、小沢氏の影響なのです。
小沢氏は志位氏に国会開会式への出席を促したのです。
初めは出席に躊躇した志位氏に「出席しにくいなら私が付き添うから」と言われてこれに応じたと言います。
ということを「天皇を敬愛する小沢一郎」の記事で書きました。

共産党、国会開会式に出席へ 天皇陛下ご臨席に反対の方針を転換 ...

マスコミはまだ気づいていないようですが、このことはとんでもないことが日本で起きる前兆になっているのです。

前回の新潟の選挙では、初めは自民党推薦の候補が勝利すると蓮舫氏はみて共産党が推薦する米山氏を応援しませんでした。
しかし予想が逆転すると急きょ応援演説に行ったのです。
新潟知事選、蓮舫民進党代表が米山隆一氏の応援演説 実に姑息なのです。

自由・小沢一郎代表「民進党は解散すべき」「勝ちそうになっての応援は主体性なし」野党共闘に消極的な姿勢を批判

さて、共産党を含めた一枚岩の野党共闘が何を意味するかが重要なのです。


以前の共産党は全国ほとんどの選挙区に候補を立てて落選しています。
この方針を共産党は変えました。これがどんなに政局を揺るがすかを何故マスコミは報じないのでしょうか?

バカだからです(笑)

死に票が生きるということに氣づいていないのです。

たとえば、2014年12月の総選挙で自民党と公明党連立与党はわずか「25%の得票」で「68%の議席」を占有したのです。
これに対して野党は、「28%の得票」で「31.6%の議席」しか得ていないのです。
こんなことが起きてはいけないのです。流石に集団的自衛権行使が現実となってきて、共産党も小沢氏に説得されて方針を変えたのです。今まで共産党がしていたことが自民党政権をここまでのさばらせることになっていたのです。それが変わる。

だから世の中は変わるのです。

政権交代は実現するのです。
野党が本気で動けば、数理的に成り立つのです。
この流れの中で、民進党が動かなかったら民進党は大分裂するでしょう。

今日、夜にまた「ニューベラスでダイエット」という楽しい記事を書きます。


アメリカ発ですが、
日本を拠点にして日本のエネルギーを世界に送る意図がニューベラスにはあります。




放射能を強く吸着することが判明した黒雲母花崗岩から36種のミネラルを抽出


酸化とは電子が無くなることで還元とは電子が戻ることです。それ以外の何ものでもありません。
しかしこれが出来ない。それを可能にした電子を発生する商品の取り扱いを始めました。



初めてご訪問の方は「真実の扉」ホームページにも是非お立ち寄りください。
 
幾多の過去生を思いだした志摩川友重さんの
前生の「おもいで」を綴ったサイトは霊界の記憶を含めたたぐいまれなものです。


「心と体の痛み専科 健康スタジオトゥルーゲイト」という施設を運営しています。
お身体の不調な方も不調でない方もこちらにもお立ち寄りください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自民党解体は近い | トップ | ニューベラスでダイエット »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

オフ〇コ勉強会」カテゴリの最新記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。