ブログ うつと酒と小説な日々 その上しょっちゅうホラー映画  

躁うつ病に悩み、酒を飲みながらも、小説を読み、書く、おじさん(とびお)の日記

夏の災厄

2016年09月18日 | 文学

 篠田節子の感染症パニック小説、「夏の災厄」を読みました。

 文庫本で590ページの長編ですが、一気に読ませる力はたいしたものです。

夏の災厄 (角川文庫)
篠田 節子
KADOKAWA/角川書店

 撲滅したかに見えた日本脳炎が、埼玉のベッドタウンで流行。
 やがてそれは、従来型の日本脳炎よりもはるかに致死率の高い、新型日本脳炎とでも呼ぶべきものであることが判明します。

 この小説には、天才的な科学者や医者は登場しません。
 診療所の医師やその診療所に勤める地方公務員、看護師らが中心となって、この病気の真相に迫るのです。

 大学病院が恐るべき実験を行っていたり、聞いたこともない貝が媒介していたり、霞ヶ関の役人が悠長なことを言ったり、あり得そうな話で展開して、読ませます。

 そしてラスト、この病気を克服したかに見えますが、来年の夏、首都での流行を予感させて終わります。

 難を言えば、あらすじを追うような大雑把な文章が続くことでしょうか。
 人間を描く小説ではないように思います。

 それはこの手の物語につきものの宿命なのかもしれません。


にほんブログ村


本・書籍 ブログランキングへ

『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 酒々井プレミアム・アウトレット | トップ | ハーバーシティ蘇我 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL