ブログ うつと酒と小説な日々 その上しょっちゅうホラー映画  

躁うつ病に悩み、酒を飲みながらも、小説を読み、書く、おじさん(とびお)の日記

望郷

2016年03月08日 | その他

 東京の東の外れで生まれ育った私。

 就職に際し、東京の満員電車に揺られるのがどうしても嫌で、お隣の千葉県に就職し、千葉市に住まいしてもう20年以上が経とうとしています。

 私は千葉市の程よい都会ぶりと田舎ぶりが気に入り、ここで生きていこうと思っていました。

 しかし定年まで残り14年となり、定年後、東京に舞い戻るのも悪くないかと思うようになりました。

 私は土いじりなど出来ませんし、山登りや海のレジャーも好みません。
 どちらかというと美術館に出かけたり芝居を観たりするのを好みます。
 そうすると、自然と、東京が有利になります。

 東京暮らしが嫌で東京脱出したのに、矛盾しています。

 人は生まれる土地を選べませんが、大人になれば住む土地は選べます。
 私は今の千葉市のマンションを気に入っていますが、年をくえば故郷に住みたくなるかもしれません。

 よく、東京の人は故郷が無くて可哀想だ、という言説を耳にします。

 冗談言っちゃいけません。
 
 東京だって、立派な故郷です。

 小川が無かろうと、山が無かろうと、アスファルトに囲まれ、虫の声すらしない東京に郷愁を覚える人間が確かに存在するのです。

 十数年後、私が故郷回帰を求めるのか、ここで生きることを望むのかは分かりません。
 しかし、私にとって、東京の東端が故郷であることに変わりはなく、望郷の念を抱き続けることだけは間違いないことのように思います。

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無理 | トップ | 助走か、飲んだくれのオヤジか »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL