ブログ うつと酒と小説な日々 その上しょっちゅうホラー映画  

躁うつ病に悩み、酒を飲みながらも、小説を読み、書く、おじさん(とびお)の日記

感情と欲望の衰退

2012年05月13日 | 精神障害

 世にダイエット方法を伝授する書物や体重を落とすのに効果的なサプリメントなどがあふれていますね。
 命に関わるほど肥満している場合には、脂肪吸引や胃の入り口を狭くしてしまう外科的療法まで行われています。

 私も精神障害に罹患してから7年で20キロ増え、体脂肪や血糖値が基準値を超えてしまい、内科医から痩せるように言われてきました。
 しかし、フルタイムで働きながら運動することは困難であり、食事を減らすのも苦痛で、減量は一向に進まず、せいぜい現状維持が精一杯でした。

 ところが父親が亡くなってからわずか二ヶ月で、8キロも体重が落ちるという不思議な現象を前にして、人間精神の運動が向かう方向性というものに、玄妙さを感じずにいられません。
 意志ではなく、感情と欲望が衰退したとき、放っておいても体重は落ちるのですね。

 ズボンがぶかぶかになってしまいました。
 血液検査の結果も正常に戻りました。

 逆に、胃が小さくなってしまったのか、以前のようには入らなくなって困っています。
 ラーメン一杯やざるそば一枚が多く感じられるのです。
 昔はラーメンと半チャーハンとか、ミニ天丼とざるそばみたいな、いわゆる男飯を平気で食っていたんですがねぇ。

 これ以上落ちなくてよいから現状維持でいきたいものです。

ジャンル:
かなしい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 貞子3D | トップ | シリアル・ラヴァー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL