ブログ うつと酒と小説な日々 その上しょっちゅうホラー映画  

躁うつ病に悩み、酒を飲みながらも、小説を読み、書く、おじさん(とびお)の日記

微笑む人

2016年12月03日 | 文学

 今朝、自室のエアコンが壊れたので、修理を頼みました。
 室外機が動いていないとのこと。
 もう10年近く経つエアコンで、修理するより買い換えたほうが安いと言われ、仕方なく家電量販店でエアコンを購入しました。
 設置工事は12月11日の日曜日。
 それまでは、自室は使わず、リビングで過ごそうと思っています。

 お昼はきのことベーコンのぺペロンチーノを食し、珈琲などいただいてから自宅マンションに戻り、小説を読みました。

 貫井徳郎の「微笑む人」を一気に読みました。

 殺人劇ですから、ミステリということになるのでしょうが、不思議な構成の作品でした。

 小説家の「私」が事件を取材し、ノン・フィクションにまとめるまでの過程を描く、という形になっています。

 物語の冒頭、妻子を殺した犯人が逮捕され、犯人の真実を探るため、犯人の過去を、小学生時代にいたるまで追っていく、というお話。

 いきなり、犯人は不可解な動機を口にし、マスコミが大騒ぎ。

 本が増えて家が手狭になったため、妻子を殺せば本がきれいに整理できるから殺した、と言うのです。

 そんな動機あり得ますか。

 しかも犯人は常に微笑みを絶やさず、温厚で、誰からも慕われる誠実な人物として描かれます。

 不可解な動機と犯人の人柄が、読む者を混乱させます。

 様々な人物が登場し、「私」のインタビューに応える形で、犯人の人物像が多角的に描かれます。

 しかし、動機の謎は解けません。

 ラストちかく、
 
 最終的に理解できる結末が必ずあるのなんて、フィクションの中だけですよ。身近な人が考えていることだって、本当のことなんて分からないじゃないですか。

 と、犯人に関係する女に語らせます。

 これは読者を混乱に陥れる、一種の読者への挑発と言えるでしょう。

 確かに、凶悪犯人の気持ちに限らず、親子兄弟、配偶者や恋人などの親しい間柄であっても、他人の気持ちを100%理解することなど不可能です。
 いや、50%も無理かもしれません。

 怖ろしい真実を突きつけてくれるものです。

 そして物語は、理解できる結末を提示することなく、微笑む人=犯人の真実を解明できずに終わるのです。

 しかもこれは小説です。

 フィクションの中だけは、分かりやすい結末があるのではなかったのですか。

 後味の悪いミステリです。
 しかしそれだけに、考えさせられる、高い文学性を持ったミステリと言えるでしょう。

微笑む人 (実業之日本社文庫)
貫井 徳郎
実業之日本社


にほんブログ村


本・書籍 ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リバース

2016年12月01日 | 文学

 今日は朝から都内の貸し会議室で会議。
 疲れました。

 午後は職場に戻らなくて良いとのことで、帰宅して読書を楽しみました。

 読んだのは、「リバース」
 ホラーサスペンスということになるんでしょうか。

 長野の小さな村の教会で育った幸子。
 高校を卒業すると、東京にあこがれて上京し、広尾の豪邸で住み込みの家政婦として働き始めます。

 ハンサムな外科医、美しい妻、聡明で美少女の双子の姉妹。
 理想的な家庭での生活に胸躍らせる幸子でしたが、やがて、家族には暗くて深い闇があることに気づき、といったお話。

 ホラーサスペンスを得意とする作家は、えてして物語を作る才能に長けていても、文章が下手なことが多いものです。

 しかし、この小説の作者、五十嵐貴久という人、抜群に文章がうまくて、読ませます。
 この作家の小説を読むのは初めてですが、続けて読んでみようかと思います。

リバース (幻冬舎文庫)
五十嵐 貴久
幻冬舎


にほんブログ村


本・書籍 ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

難しい

2016年11月30日 | 仕事

  女性の世界は難しいようで、同じ部署の非正規の女性たちの間で暗闘があるようです。
 私はどちらの側からも相談を受けています。
 どうにかソフトランディングを図りたいのですが、ことは職場のトップの耳にまで入ってしまっています。

 こんなことで頭を悩ますのは嫌なのですが、人間が集まる組織であってみれば、いずこも同じということでしょうか?

 あぁ、困りました。


にほんブログ村


人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寝逃げ

2016年11月27日 | その他

  今日は朝から曇天。
 夕方からは小雨が降り始めました。

 今朝は7時半に起きて、朝風呂に入って朝飯を食ってから、10時から12時までリビングで眠ってしまいました。

 昼食にタンメンを食い、帰ってから13時半から16時までまたもや眠ってしまいました。
 明日からの一週間を思うと憂鬱になり、それから逃れるための寝逃げでしょうか?
 それともよっぽど疲れていたのでしょうか?

 なんだか冴えない日曜日でしたねぇ。


にほんブログ村


人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紅葉

2016年11月26日 | 散歩・旅行

 今日は少々寒いながら秋晴れに恵まれました。
 で、私が住まいする千葉市最大の自然公園である泉自然公園に紅葉を観に出かけました。

 車を走らせることわずか25分。
 泉自然公園の巨大な駐車場に到着。

 野趣あふれる園内を散策。

 野鳥が出迎えてくれました。



 


 野鳥はけっこうたくさんいましたね。

 池のまわりが紅葉のスポット。




 



 見事です。

 まだ先週の雪が残っていて、紅葉とのコントラストが面白く感じました。



 こんな感じです。 

 水面に映る逆さ紅葉も見られました。



 趣がありますねぇ。

 先週の雪で、今年は早くも紅葉の盛りは過ぎていたようですが、それでも十分楽しめました。
 例年だと、もっと圧倒されるような紅葉が見られる時季なのですが。

 芝生広場に移動し、ベンチで、コンビニで購入したおにぎりで昼食。
 芝生広場では、多くの親子連れがボール遊びなどに興じていました。

 わが国は平和です。
 できることなら、この平和が永続してほしいものです。

 午後になると雲が出てきたので、14時頃には早々に帰宅の途に着きました。

 近所の魚屋で、魚屋自家製の〆鯖と真鯛の刺身を手に入れましたので、今宵はのんびり晩酌を楽しみたいと思っています。


にほんブログ村


人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひとり雪みる

2016年11月25日 | 文学

  昨日は雪が降り、ひどく冷え込みました。
 今日も厳しい寒さ。
 11月でこれは異常です。

 昨夜は、リビングのカーテンを開け、部屋を暗くして熱燗で雪見酒を楽しみました。

 そこで、種田山頭火のこんな句はいかがでしょう。 

 ひとり雪みる 酒のこぼれる

 寂しい感じと、雪見酒を楽しむ楽しい感じ、両方が感じられます。

山頭火句集 (ちくま文庫)
村上 護
筑摩書房

 もう雪は融けてしまいましたから、今夜はこんな贅沢は味わうべくもありません。

 それにしても11月でこの雪では、この冬はどれだけ雪が降るのでしょうね。
 今から戦々恐々としています。


にほんブログ村


人文 ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年11月24日 | その他

   驚きましたねぇ。

 11月に首都圏でまさかの雪。
 しかも数センチの積雪。

 こんなこともあるんですねぇ。

 ノーマルタイヤでは心もとないので、今日は電車で出勤。
 疲れます。

 今夜は雪見酒としゃれこみましょうか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プリズム

2016年11月23日 | 文学

 今日はどんよりと曇り、寒い日でした。

 自宅のプリンターが全く動かなくなってしばらくたつので、近所の大手家電量販店でプリンターを購入し、接続しました。

 もうじき年賀状の季節ですからね。
 宛名書きを手書きで行うなんて、考えただけでもぞっとします。

 それ以外は、自宅で大人しく読書をして過ごしました。

 読んだのは、貫井徳郎の「プリズム」

プリズム (創元推理文庫)
貫井 徳郎
東京創元社

 ちょっと変わった構成のミステリーでした。

 小学校の若い女教師が自室で死んでいるのが見つかります。
 死因は置時計の角で頭を殴られたらしいこと。

 この作品は、4人の関係者が、それぞれに推理をめぐらし、別々の結論に至る、という構成になっています。

 4つの章で、それぞれ語り手が代わり、連作のような形式になっています。

 しかも推理する人物それぞれが、被害者に全く異なる印象を抱いており、ちょっと、芥川龍之介の「藪の中」を連想させます。

 立場が代われば見方も変わる、ということを痛感させられます。

藪の中 (講談社文庫)
芥川 龍之介
講談社

 まず教え子の男子小学生が推理。
 教え子にとっては、被害者は児童の気持ちが分かってくれる、やさしくて元気な先生として描かれます。

 次に同僚である女教師が推理。
 彼女にとって被害者は、あまりにも天真爛漫であるがゆえ、人を疲れさせる厄介な人物として描かれます。
 ここで、教え子の推理は見事に覆されます。

 3番目に、被害者のかつての恋人が語り手となります。
 彼にとって被害者は、とてつもなく我儘な、それでいて限りなく魅力的な女王様として描かれます。
 彼も、同僚の女教師とは全く異なる結論にたどりつきます。

 4番目は、最初の章の男児の父親で、しかも被害者と不倫関係にあった医師が、驚愕の推論にたどり着きます。
 医師にとって被害者は、不倫相手というだけではない、かけがえのない存在として描かれます。

 ただし、作者は真犯人を提示することなく、小説を終わらせてしまいます。
 被害者をめぐる多様な見方が示され、それをもとに読者に結論をゆだねる、ということのようです。

 最後、どうなるんだろう、という興味で読み進めると、肩透かしを食います。

 一方で、様々な読み方ができる興味深い作品でもありました。



にほんブログ村


本・書籍 ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

津波

2016年11月22日 | その他

  今朝、布団のなかで、揺れを感じました。
 夢うつつではありましたが、ずいぶん長く揺れたように感じます。

 で、起きてテレビを付けたら、東日本の広範囲に渡って地震が発生し、津波までもが押し寄せてきたニュースを放送していました。

 びっくりするとともに、あの、3.11の悪夢を思い出さずにはいられませんでした。

 幸いなことに、今回は大した被害はでなかった模様ですね。

 2,000年に一度の大災害と言われていましたから、わずか5年でまたか、と一瞬肝を冷やしましたが、被害が小さかったことは不幸中の幸いです。

 まこと、自然災害というものは怖ろしいですなぁ。


にほんブログ村


人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一段落

2016年11月21日 | 仕事

  このところ頭を悩ませていた業務が、一段落しました。
 ほっとしました。

 たいしたことではありませんが、木っ端役人はどうでも良いようなことで悩むものです。


にほんブログ村


人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋晴れ

2016年11月20日 | 散歩・旅行

 昨日とは打って変わって今日は見事な秋晴れで、気温もぐんぐん上昇。

 昨日は一日中自宅でごろごろしていました。
 雨の休日は気分が沈むのは、精神障害をほぼ克服した今も変わりません。

 今日は長いこと工事をしていたJR千葉駅が新装成ったということで、様子を見に行きました。
 なんだかどこにでもある今どきのターミナル駅という感じで、面白みはかんじませんでした。

 お昼に塩ラーメンを食し、千葉公園へと歩きました。
 わずかですが、色づく木の葉を楽しむことが出来ました。





 

 ブランコや滑り台などの遊具をそろえた場所では、多くの子供たちがはしゃぎまわっていました。

 子供たち、これから人生の荒波にもまれるのですね。
 幸多かれと心の中でエールを送らずにはいられませんでした。


にほんブログ村


人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不安

2016年11月18日 | その他

  ようやっと、長い一週間の勤務を終えました。
 月曜日から金曜日まで。

 毎度のことですが、とてつもなく長かったですねぇ。

 週末の2日、ゆっくりしたいものです。

 天気予報では明日は雨か曇り。
 明後日の日曜日は6か月ごとの車の点検でディーラーに行かなければならず、午前中はつぶれます。

 近所の自然公園で紅葉を楽しみたいと思っていたのですが、今週末は難しいようです。

 金曜日の終業後、晴れやかな気分になるはずなのに、ちょっと憂鬱な感じです。

 私の精神はいつになったら安定するのでしょうね。
 もしかしたら、一生涯、安心して暮らせる日は来ないのかもしれません。

 定年退職したらしたで、老後の資金の問題や、健康の問題などで、不安がつきまとうのでしょう。

 まこと、生きるとは、根源的に不安定なものであるかのごとくです。


にほんブログ村


人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今、ここ

2016年11月18日 | 思想・学問

  金曜日のお昼休みを迎えました。
 あと半日でお休み。
 でも週末の天気はあまりよろしくないようです。

 先週は田原町から浅草あたりを散歩しました。
 その記憶は鮮明です。

 しかし、時間は存在しない、という説を唱える人がいます。

 つまり、人は常に、今、ここにしか存在し得ず、過去は過ぎ去っており、未来は想像しかできないので、過去も未来も、今、ここには存在せず、しかも人は今、ここにしか存在し得ないゆえに、過去も未来も無く、あるのは変化だけだ、という、屁理屈みたいなものです。

 しかし変化があるということ、しかも常に変化し続けるのが現世である以上、変化こそが時間の正体であり、諸行無常と言うとおり、変化こそがこの世の本質だと思えば、時間が存在しない、とは言えないような気がします。
 言えるとしたら、時間旅行は不可能(今の人間の能力では)ということだけなのではないでしょうか。

 こんな思考を職場の昼休みに繰り広げるというのも、月曜日から金曜日まで出勤し、土日は休むという、ある種円環的な時間のなかで生きる私にとって、週末というのはその円環の区切りであるからかもしれません。

 しかし、時間は、一日一日の繰り返し、一週間の繰り返し、春夏秋冬の繰り返し、のように、円環的に見えながら、じつは直線的なものであるでしょう。
 同じ一日は存在せず、一年もまた然り。
 私たちはただ真っ直ぐに、死に向かって突き進む直線的存在です。

 突き進んでいながら、人は今、ここにしか存在し得ない、という悲劇を生きていると言えるでしょう。
 愛おしく、甘美な過去は、思い出にひたることはできても、そこに戻ることは出来ません。
 輝かしい未来は、想像することはできても、それを達成できるかどうかは分かりません。

 何も分からないまま、今、ここを生きると言うことは、極めて困難で、しかも悲劇的です。

 その困難な生を、多くの人は、特に意識することなく、ただ生きているだけです。
 
 今、ここにしか生きられないという峻厳な事実を心の奥に銘じながら、私はただ、時を超える技術が生まれる日を夢想せざるを得ません。

 SFなどでは易々と語られる時間旅行。
 人間が想像できることは、必ず実現できる、なんてことを言う人がいます。
 そうであるなら、時間旅行も必ず実現できなければならないことになるでしょう。

 しかし時間が直線的なら、おのずとそれは不可能であることになり、私は深い絶望を禁じ得ません。


にほんブログ村


人文 ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

薄給

2016年11月17日 | 仕事

  今日は給料日。
 明細を見ると、就職25年目にしてこれか、と、泣けてくるほどの薄給です。
 これでも生活できて、マンションのローンも払って、車も維持できるのだから、我ながらやりくり上手だと思います。

 12月にはボーナスが出て、年末調整もあります。
 12月は一息つける感じです。


にほんブログ村


人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熱燗

2016年11月15日 | その他

  熱燗が旨い季節になりました。
 医師の節酒を勧められているため、二合徳利で酒を煮て、その二合で終わらせるように気を付けています。
 ちょっと飲み足りないんですけどね。

 内科医が言うには、毎晩呑む場合、一合なら薬、二合だと毒にも薬にもならない、三合だと毒、だそうです。
 そんなもんですかねぇ。

 精神科医は内臓に与える影響は考えておらず、昼酒や朝酒が習慣にならなければよろしいそうです。
 晩酌だけだと、アル中になることはない、とか。
 昼酒も、正月だけとか、冠婚葬祭だけ、など、イベントの時だけなら問題ないと、ゆるいことを言って私を喜ばせてくれちゃいます。

 いずれにせよ、私は酒で命を縮めるような気がしています。
 素面で夜を過ごすのも悪くは無いですが、一日の終わりくらい、軽い酩酊を味わって眠りたいと思ってしまいます。

 まこと、酒呑みというものは、どうしようも無いものですなぁ。


にほんブログ村


人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加