ブログ うつと酒と小説な日々 その上しょっちゅうホラー映画  

躁うつ病に悩み、酒を飲みながらも、小説を読み、書く、おじさん(とびお)の日記

春、バーニーズで

2016年10月01日 | 文学

   吉田修一の連作短編集、「春、バーニーズで」を読みました。
 モノクロの写真が点々と挿入された、フォトブックのような美しい体裁の本でした。

春、バーニーズで (文春文庫)
吉田 修一
文藝春秋

 構成は、先日読んだオカマの閻魔ちゃんと同棲する若者、筒井の生活を描いた「最後の息子」から10年後の筒井の日常を、さまざまな角度から切り取った短編集になっています。

最後の息子 (文春文庫)
吉田 修一
文藝春秋

 人は若者から中年にさしかかれば、当然、成長します。

 筒井は幼い子を持つ女性、瞳と結婚し、瞳の実家で義母と同居しています。
 平凡な会社員となり、毎日を忙しく暮らしているわけですが、ちょっとした事件は誰にでも、起こるものです。

 新宿のバーニーズで偶然、閻魔ちゃんと再会したり、マクドナルドで相席となった女性とアドレスを交換したり。
 挙句の果てには、突然会社に行くのが嫌になり、日光まで東北道を飛ばしたり。

 筒井という男、いくつになってもどこかモラトリアムというか、学生気分が抜けない男で、私も年相応の貫録がつかないせいか、変に感情移入できるから不思議です。

 実際、理由が必要だった。このまま東京に帰るにしても、会社に戻るにしても、何かしらみんなが納得してくれる理由が必要だった。たかが八時間、いつもと違った行動をしただけで、これまでの人生を、いや、これからの人生を語るくらいの物語をみつけなければ、元の場所には戻れないような気がした。

 「パーキングエリア」で、会社を無断欠勤し、日光へ向かったときの筒井の心情をつづった文章です。

 ズル休みするにしても、会社に電話を入れるのと、無断で休むのは大きな違いです。
 現に私は無断で休んだことはないし、無断で休んだ人は、そのままあ退職したり、自殺したりするのがむしろ普通です。
 がんじがらめの日常を生きるサラリーマンの心情を描いて見事です。

 このあたりが、吉田修一という作家の美点なのでしょうねぇ。

 もう若くはなくなった、中年初期の男の日常や心情を描いて見事です。

 ただし、これを読む前に「最後の息子」を読んでおくことをお勧めします。

にほんブログ村


本・書籍 ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

グリーン・インフェルノ

2016年10月01日 | ホラー・サスペンス・SF等の映画

  雨の土曜日。
 朝っぱらからグロい映画をDVDで鑑賞しました。

 その名も、「グリーン・インフェルノ」
 直訳すると緑の地獄、ということになりましょうか。

 平たく言えば、ジャングルで繰り広げられる食人映画です。



グリーン・インフェルノ [DVD]
ロレンツァ・イッツォ,アリエル・レビ,カービー・ブリス・ブラントン,マグダ・アパノヴィッチ
ポニーキャニオン

 

グリーン・インフェルノ [Blu-ray]
ロレンツァ・イッツォ,アリエル・レビ,カービー・ブリス・ブラントン,マグダ・アパノヴィッチ
ポニーキャニオン


 私が中学生の頃、「食人族」という、やはりジャングルの未開の部族に白人が食われる、という映画がありました。

 感じはよく似ていますが、「グリーン・インフェルノ」のほうが、社会問題を扱っているというか、説得力があったように思います。

 ジャングルに眠る地下資源を求めて開発を進める業者から未開の村を守ろうと、運動家たちがジャングルに行きながら、未開の部族に囚われて次々と食われ、最後に残った女子大生が結局は作業員を護衛するための軍隊に助けられる、という皮肉な結末や、活動家のリーダーが裏では業者とつながっていて、しかも自分さえ助かれば仲間が食われても構わない、という態度を露骨に示したり、社会の闇や人間の闇が描かれているのですよ。

 食人の風習がある部族は、今は知りませんが、過去には確かに存在していて、部族内部の者を食す族内食人と、主に敵を食らう族外食人とがあるそうです。
 
 族内食人は、死者への愛着から魂を受け継ぐという儀式的意味合いがあるとかで、親族や知人たちが死者を食べることにより、魂や肉体を分割して受け継ぐことができるという考えのようです。

 族外食人は敵に対する憎悪、あるいは敵の力をもらうといった意味があるようです。

 どちらにしても、それを実際に行う人々にとっては、残酷な話ではなく、牛や豚を食うのとさして変わらないでしょう。

 この映画、目玉を生きたままくり抜いてそのまま食っちゃったり、人体をバラバラにしたりといった残酷シーンのせいかR18の指定を受けていますが、それが部族の自然な営みだと思うと、恐怖はつのるものの、残酷ではないのかもしれない、という不思議な感覚を覚えさせられます。 


にほんブログ村


映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鰯の頭

2016年09月30日 | その他

  初秋らしい、爽やかな気候に恵まれました。
 仕事なんかしている場合じゃないですねぇ。
 外をふらふらしたい気分のまま、終業を迎えました。

 せめてもの救いは今日が金曜日であることでしょうか。
 でも明日は雨らしいですね。
 今日と逆ならよろしいのに。

 金曜日はキリスト受難の日だとかで、今も一部キリスト教徒は金曜日は肉を食わないそうです。
 肉を食わないからどうだというのか、キリスト教を信仰していない私には馬鹿馬鹿しく感じられますが、人というもの、何かを信じて、それに則って暮らすというのは、意外にも心を落ち着かせる効果があるようです。

 鰯の頭も信心から、と言いますし。

 私は圧倒的多数の日本人がそうであるように、とくだん信仰というのは持っていません。

 鰯の頭でも良いから、信じ込むことができたら、きっと気分が楽になるのでしょうね。


にほんブログ村


人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

呪われた生き物

2016年09月29日 | 社会・政治

 少し前のことになりますが、シリアでの停戦合意も虚しく、戦いはまた始まってしまいました。
 アサド政権を支持するロシア、反政府勢力を支持する米国に、イスラム国までもが関わって、泥沼の様相を呈しています。

 有史以来、いつまで殺し合いを続けるのでしょうね。


 日々空爆に怯えながら暮らす人々の映像を見ていると、誰にもともなく怒りが沸き起こってくるのを禁じ得ません。

 誰かに対しての怒りではなく、人間という存在への怒りとでも言うべきでしょうか。

 いつまで経っても懲りずに自らにしか通用しない、小さな正義を振りかざして殺し合いをする人間という種。

 こんな呪われた生き物が他にありましょうか。

 そして、怖ろしいことに、私もまた、凶暴で愚かな人間の一人でしかないのです。

 おそらくは、わが国の正義が、他国の正義と対立し、武力衝突を起こしたなら、私は迷わず、わが国の勝利を信じて戦いに協力するでしょう。
 もちろん、もう47歳ですから、兵隊にとられることはないと思いますが、寄附やなんかで、わが国の勝利に貢献することを願うでしょう。

 したがって、人間という種に対する怒りは、そのまま私自身に対する怒りへと転化してしまいます。

 呪われた生物の一人でしかない私を、私自身、呪わしく感じながら、どうすることも出来ない種の限界を感じています。

 いつの日か、争い事が無くなる日が来ても、その翌日には新しい争いが勃発しているかもしれません。

 私たちにできることは、気長に、毎日毎日、争いの種を、面倒な交渉を続けることで、摘み取っていく他ありません。

 それはとてつもなく面倒で労力を要することですが、紙一重の差で殺し合いを始めてしまう種であれば、永久にそれを続けるしかありますまい。

 やれやれ。


にほんブログ村


政治 ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

偏頭痛

2016年09月27日 | その他

 今朝、起きたらひどく頭が痛みます。
 いわゆる偏頭痛です。
 これになると痛くて眼鏡をかけられないため、今日は急遽休暇を取りました。
 年に数回、偏頭痛に襲われます。
 原因は分かりません。

 頭痛薬を飲んで午前中いっぱい寝ていたら、痛みは治まりました。

 なんとなく、昨日訃報を受けた元同僚のことを考えながら、一日、憂鬱な気分で過ごしました。
 私より一つ下の46歳で急死とは、さぞ無念だったことでしょう。
 残された奥様もお気の毒です。

 たしか、我が家と同じで子宝に恵まれなかったと聞いています。
 奥様のご心痛は察するにあまりあります。

 しかし、同時に、不謹慎なことを思わずにはいられませんでした。

 もう働かなくて良いなんて羨ましい、という。

 もちろん、自殺なんて怖くてできませんが、根が怠け者なせいか、死ねば様々な面倒事から解放されて楽になるだろうな、なんて考えてしまいます。

 今日のように偏頭痛に悩まされたりすると、よけいです。

 変な気は起こさず、まじめに勤め上げれば素晴らしい老後が待っていると信じて、あと十数年、苦役に耐える他ありますまい。


にほんブログ村


人気ブログランキングへ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

訃報

2016年09月26日 | その他

 10年ほど前に勤務していた機関で机を並べて働いた同世代の同僚が、心筋梗塞で急死した、との報せを受けました。

 まだ46歳。

 親分肌で、後輩から慕われていましたっけ。

 人生一寸先は闇。
 明日は我が身ですなぁ。

 強い衝撃を受けました。
 少しづつ、こういうことが増えていくのでしょうね。

 ご冥福を祈ります。


にほんブログ村


人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青春小説

2016年09月25日 | 文学

 今日はじつに久しぶりに晴れ間に恵まれました。

 朝は7時に起きて朝湯につかり、めかぶ飯とソーセージの朝飯を食い、溜まった洗濯物を洗濯機に放り込み、洗濯。
 昔は一枚一枚洗濯板で洗っていたのでしょうから、ずいぶん楽になったものです。

 洗濯をすませ、ベランダに干してから千葉スバルへと向かいました。
 自動車保険の更新のためです。
 スバルの営業所までは車で15分ほど。

 帰りにイタリアンに寄り、イカ墨スパゲティで昼食。

 午後は消防設備の点検のため、自宅に足止めをくらいました。

 そこで、読書を楽しみました。

 吉田修一最初期の短編集、「最後の息子」を読みました。

最後の息子 (文春文庫)
吉田 修一
文藝春秋

 いずれも雑誌「文學界」に掲載された、「最後の息子」「破片」「Water」が収録されています。

 いずれも10代後半から20代前半の青少年を主人公にした作品で、青春小説の部類に入ると思われます。

 しかし、宣伝文句にあるような、爽快感200%、とってもキュートな青春小説!、というようなものではありません。

 いずれの作品も、どこか暗い影を残します。
 それもそのはず、本来的に青春とは暗さを伴うものだからです。

 「最後の息子」は、オカマバーのママと同棲する長崎出身の若者のお話。
 オカマの閻魔ちゃんと主人公の生活が、撮影したビデオを紹介するという変わった形式で綴られます。
 途中、ゲイのハッテン場の公園で、ホモ狩りの少年たちに襲われて殺害された仲間のゲイボーイや、オカマならではの苦しみなどが、淡々とした筆致で語られます。

 この作家、人間の危うさというか、影というか、そういうものを書かせたら天下一品です。

 「破片」は長崎にお盆のために帰郷した青年とその弟、父親の物語。
 ここでも、幼い頃台風で母を亡くした暗い影がつきまといます。

 「Water」は長崎の高校の水泳部を舞台にしています。
 これがもっとも青春小説らしいかもしれません。
 水泳に打ち込みながら性欲や淡い恋、少年愛めいたものが綴られています。

 3編に共通しているのは、いずれも長崎出身の男の物語だということ。
 作者が長崎出身であることから、自分自身の経験に基づいているものと推察します。

 私はこの短編集に、青春の暗さを強く感じました。

 しかしそれでいて、「Water」で主人公が中年のバス運転手にかけられる、覚えておけ、坊主たちは今、将来戻りたくなる場所におるとぞ、という、哀愁漂うフレーズに惹かれました。
 言われた少年は、何を言われているか理解できないわけですが、人生も後半に差し掛かった中年男には、涙なしには読めない一文です。

 もちろん、高校時代に戻りたいなどとは思いません。
 もう一度しんどい30年をやり直すなんてご免です。

 しかし、もし、30年前に戻れたなら、もっと青春時代を楽しめたかもしれない、という思いを抱くことがあります。

 当時の私は耽美的な文学や映画、美術などに耽溺し、時にはこっそり自室で酒に酔ったりして、世界をたった独りで生きているような気分でした。

 家族も友人も当然いたし、誰にでもある色恋沙汰めいたこともなくはありませんでしたが、それでも、世界にたった独り、 という気分が私を支配していたことは確かです。

 やり直しても結局同じことなのかもしれませんが、もう少し、健全な青春時代を送っていたなら、この腐った私の魂が、腐るのではなしに、熟成したかもしれません。

 この小説集は、私を過去へと引きずり込み、深い憂愁へと誘う、危険な力を持ったものだったようです。


にほんブログ村


本・書籍 ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

退職

2016年09月24日 | その他

 昨夜は私の下で働いていた非正規の女性職員が9月いっぱいで退職するため、その送別会でした。

 少々飲みすぎのようで、反省です。

 9月いっぱいとはいっても、年休を消化するため、もう出勤しません。

 優秀な人だっただけに、残念です。

 しかし、キャリア・アップしたい、と訴える彼女を、慰留することはできませんでした。

 彼女の今後の活躍を祈ります。 


にほんブログ村


人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

悪夢

2016年09月21日 | その他

  雨の秋分の日。
 何をするでもなく、ダラダラと過ごしました。

 昼食後、2時間もソファで昼寝してしまいました。

 ひどい悪夢を見て、汗をびっしょりかいて目を覚ましました。

 少年の私が、現在の自分をひどい言葉でなじる夢です。

 私は今の自分を、罪悪感を感じるほどに肯定できないのかもしれません。

 悲しいことです。


にほんブログ村


人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

魔物

2016年09月20日 | 精神障害

   台風が近づいています。
 荒れ狂う空を見ていると、私の心も妖しく荒れ狂うかの如くです。

 3連休明けということもあるでしょうし、仕事が思いどおりに回らないこともあるでしょう。

 心穏やかではいられません。

 思えば物心ついて以来、幼稚園でも小学校でも、中学・高校でも私の精神は安穏ではいられませんでした。

 常に世の中を呪い、無差別大量殺戮などの狂的な事件を夢見ていました。
 もちろん、実行にはうつしません。
 ただ、空想していたのです。

 多くの少年が、そんな暴力的で狂的な願望を内に秘め、成長と同時にそれは消えていくのではないでしょうか。

 私もまた、大人になると同時に、そんな妄想は影をひそめるようになりました。

 しかし時折、私の心は狂い始めます。
 狂うといっても、表面上は何も変わりません。

 職場では微笑を浮かべ、すべて事は順調であるかのようなふりをして働いています。

 誰も私が、心中深く狂っていることに気付かないでしょう。

 ただ私独りが、おのれの心中を省みて恐れおののくのです。

 自分の精神が魔物に変じながら、表面を取り繕って生きるのは、いかにも苦しいものです。

 
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハーバーシティ蘇我

2016年09月19日 | 散歩・旅行


三連休の最終日、あいにくの雨。
家にいてもクサクサするので、屋内施設に出かけました。
千葉市湾岸地区に広がる、シネコン、ゲームセンター、パチンコ屋、ヤマダ電機、イトーヨーカドー、ホームセンター、ショッピングモールなどが入る複合施設、ハーバーシティ蘇我に出かけました。

シネコンは何回か使いましたが、その他の施設を歩くのは初めて。
驚くべき広さです。
6,000台以上が停められる無料駐車場もあって、雨の日や真夏の盛りにぶらつくには最適。

ただし、大した物は売っていません。
どこか安っぽい物ばかり。
それでも、冷やかして歩くには甲斐があります。

老若男女、善男善女が思い思いに休日を楽しむさまは、見ていて微笑ましく感じます。

本当に、平和な時代のこの国に生まれて良かったと実感するとともに、なんとしてもこの平和を守りたいと切実に願います。

わが国のまわりを見回すと、物騒な国ばかり。
自衛力の充実はこの国の平和を守るには不可欠。

国家に忠誠を誓う自衛官には頭が下がります。

明日からまた仕事。

なんとなく憂鬱ではありますが、わが国の平和をな姿を見て、少し、癒されました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏の災厄

2016年09月18日 | 文学

 篠田節子の感染症パニック小説、「夏の災厄」を読みました。

 文庫本で590ページの長編ですが、一気に読ませる力はたいしたものです。

夏の災厄 (角川文庫)
篠田 節子
KADOKAWA/角川書店

 撲滅したかに見えた日本脳炎が、埼玉のベッドタウンで流行。
 やがてそれは、従来型の日本脳炎よりもはるかに致死率の高い、新型日本脳炎とでも呼ぶべきものであることが判明します。

 この小説には、天才的な科学者や医者は登場しません。
 診療所の医師やその診療所に勤める地方公務員、看護師らが中心となって、この病気の真相に迫るのです。

 大学病院が恐るべき実験を行っていたり、聞いたこともない貝が媒介していたり、霞ヶ関の役人が悠長なことを言ったり、あり得そうな話で展開して、読ませます。

 そしてラスト、この病気を克服したかに見えますが、来年の夏、首都での流行を予感させて終わります。

 難を言えば、あらすじを追うような大雑把な文章が続くことでしょうか。
 人間を描く小説ではないように思います。

 それはこの手の物語につきものの宿命なのかもしれません。


にほんブログ村


本・書籍 ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

酒々井プレミアム・アウトレット

2016年09月17日 | 散歩・旅行

 今日は酒々井プレミアム・アウトレットを冷やかしに行きました。

 成田空港から10数キロに立地する広大なアウトレットで、やたらと中国人客が闊歩していました。

 ちなみに酒々井、読めますかねぇ。
 私は千葉市に引っ越すまで読み方も、その存在すらも知りませんでした。

 しすい、と読みます。



 


 ほとんど原野みたいな所に忽然と現れた存在で、その確からしさを疑うほどでした。

 特に何かを購入するつもりはなかったのですが、ブルックス・ブラザースでシャツを2枚購入しました。

 2枚で15,000円。
 アウトレットだけあって格安です。

 良い気分転換になりました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一週間

2016年09月16日 | 仕事

 なんとなく気分が沈む一週間でしたが、なんとか月曜日から金曜日まで休まず通うことができました。
 明日から3連休。
 束の間ではありますが、ほっとします。

 こんなことの繰り返しが、働くということなんですねぇ。

 食うため(あるいは飲むため)とは言いながら、人生の貴重な時間を無駄にしているような気がしてなりません。

 食うためにつまらぬ仕事を続けるか、一か八か、野垂れ死に覚悟でおのれの信じる道を突き進むかは、個人の考えしだい。
 私は両方を追って、両方うまくいきませんでした。

 二兎を追う者は一兎をも得ず、と言いますからねぇ。

 文芸の世界での活躍は望むべくもなく、職場でも出世することはありません。

 なんだかつまらない人生ですが、そんなことはどうでもよいのです。

 プライベートな時間を楽しく過ごせれば、それに過ぎる贅沢はないのですから。


にほんブログ村


人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蓮舫ちゃん、頑張ってね

2016年09月15日 | 社会・政治

  蓮舫ちゃんが民進党の新しい代表に選出されたそうですね。
 
 おめでとう。

 蓮舫ちゃんの戦闘的とも狂的とも言える表情、見ているだけで吐き気がします。
 
 二重国籍の問題も解決されたみたいですね。

 台湾良いとこ、一度はおいで~。 


 今回は2番じゃダメだったんでしょうか?

 泥船の船長になっちゃったけど、頑張って早く沈めてね。


にほんブログ村


政治 ブログランキングへ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加