山陰の里山暮し

西中国山地の西の端、柿木村からつぶやきを・・・

緑肥

2017-07-06 21:22:56 | 野菜

玉ねぎ、にんにく、ラッキョウなどネギの仲間を植えていた区画にソルゴーの種を蒔いた。

 

緑肥としてすき込んで腐食が間に合うようなら大根や白菜などの冬野菜を作ってみたいけど

ソルゴーを蒔く時期がラッキョウの収穫を待って蒔いたので遅くなり過ぎかもです。

生の有機物が残った土に野菜を植えてもたいていは失敗に終わるので無理しないで春先の

野菜狙いとかネギ類の連作狙いが無難なようにも思える。

 

用意していたソルゴーの種が不足だったのでルバーブの日陰用には蒔けなかったですが

ルバーブ畑周辺には天敵誘引・防風など用にソルゴーの種は撒けたので垣根は作くれたと思う。

果たしてイメージしたようにソルゴーの芽が出るのか楽しみです。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 島根県西部 | トップ | 完熟梅のジャム »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

野菜」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL