TOBA-BLOG 別館

TOBA作品のための別館
オリジナル水辺ノ世界の作品を掲載

「彼女と母親の墓」3

2017年06月30日 | T.B.2020年

「さ。母様のお墓探そうかな」

 彼女は空を見る。
 彼も、空を見る。

 彼女が云う。
「もう少し、ここにいても大丈夫そう」
「手伝おうか」

 云うと、彼は立ち上がる。

「手伝ってくれるの?」
「うん」

 彼女が訊く。

「あなた、自分のお墓参りはいいの?」
「もう、すませたから」
「じゃあ、一緒に探してもらおうかな」

 彼女は、まだ坐ったまま。墓地を見渡す。
 広い敷地。

 たくさんの墓が並んでいる。

 彼女が呟く。
「母様のお墓、どこだろう」
 彼が訊く。
「君はお母さんが、亡くなった日のこと、……覚えてる?」
「私、はっきりと覚えてなくて」
「覚えてない?」
「母様が亡くなったあと、私、病気になって、それ以前の記憶が曖昧になっちゃったの」
「病気に?」
「うん」
「それは、大変だったね」
「うん」
「身体は、今は平気なの?」
「平気だよ」
 彼女が云う。
「大丈夫じゃないのは、記憶だけ」

 彼女は笑う。
 苦笑い。

「母様のお墓、父様も覚えていないみたいなの」
「……そう」
「変よね」
「何が?」
「父様が、母様のお墓の場所を覚えてないこと」
「そう?」
「変よ」
 彼女が云う。
「だって、父様が、母様を埋めるでしょう」
「……普通はそうだね」
「自分で埋めた場所を忘れる?」
 彼が云う。
「宗主だから、自分ではやってない、のかも」
「ああ」
 彼女が云う。
「じゃあ、代わりに母様を埋めた人に、訊けばいいのにね」
 彼が頷く。

 坐ったまま、彼女は彼を見上げる。

「父様も、母様のお墓の場所を知りたがってる」
「…………」
「きっと、お花を供えてあげたいんだと、思う」
「……そう」
 彼女が云う。
「母様のお墓を見つけたら、私もお花を飾ってあげたい」
 彼は、彼女を見る。
 云う。
「きっと、喜ぶよ。君のお母さん」
「うん」
 彼女が云う。
「母様、待っているよね」
 彼が頷く。

 彼女は再度、空を見る。

 彼はその様子を見て、少し考える。
 訊く。

「君のお母さんの名まえと、亡くなった年は?」
「それは、知っているわ」

 彼女が答える。

「見つかるかな?」
「見つかるよ」

 坐っている彼女に、彼は手を差し出す。

「見つけてあげる」

 彼女は、その手を見る。
 そして、再度、彼を見る。

「ありがとう」

 彼女はその手を取り、立ち上がる。
 歩き出した彼のあとを、歩く。



NEXT
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「タイラとアヤコ」7 | トップ | 「タイラとアヤコ」8 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む