TOBA-BLOG 別館

TOBA作品のための別館
オリジナル水辺ノ世界の作品を掲載

「ヨーナとソウシ」12

2016年12月13日 | T.B.1998年

裏、と呼ばれる彼らの
正式な名称をヨーナは知らない。

それぞれの一族で
居場所を無くした者達の
集団だと聞いたことはある。

ただ、

要注意とされる砂一族でさえ
他一族との関係を考え、
彼らなりのルールがあると言われている。

裏にはそれがない。

「ヨーナ、ケガは?」

裏の彼らが、
何かを放ったのは見えた。
先に倒れた者達を見る限り
毒を塗った飛び道具だろう。

「ヨーナ??」

四方に放たれたそれから
ヨーナを庇ってくれたのは

「……ソウシ」

「僕は大丈夫だよ」

先にソウシが立ち上がり
ヨーナに手を差し伸べる。

驚いているヨーナに
困った様に笑いながら言う。

「嘘ついていて、ごめん」

いつも、彼の前髪の下、
その額には一族の入れ墨。
その下に

瞼に模様を刻み、
前髪を伸ばすことで隠していた
目が開いている。

三番目の目。

「何度も、謝らないで」

今まで隠し通していた物を
ヨーナを助けるために、
明かしてくれた。

「あら、何人か外しちゃったわ」
「ヘタクソだな」

裏の一人が残念と呟く。

「ま、当たるべき人には当たったみたいだから」

じゃあね、
笑顔で手を振って、
その二人は去っていく。

「……なんなの」

ヨーナ達は助けられたかと言うと
少し違う。

通りすがりに向けられた
彼らの悪意のない殺意から
偶然、的が外れただけ。

「ケン、は」

ソウシが声を掛け、
ヨーナはやっと
辺りを見回すことが出来る。

「あぁ、俺は平気だ。
 だけど、」

ケンが言う。

「マルタ様」

マルタは座り込んでいる。
そこに皆が駆け寄る。

「大丈夫、私は大丈夫」
「でも」
「大丈夫なの、私は」

マルタはヨシヤを呆然と見ている。

ヨシヤは背に飛び道具を受けて倒れている。
毒が塗られていたのか呼吸が浅い。

「人を呼んでくる」

いち早く状況を判断したケンが
立ち上がり、駆け出す。

「ソウシ、頼んだ」
「分かった」

状況は良くない。
先に倒れた2人を見れば、
どれほどの毒かは分かる。

「ヨシヤ、
 私の、せいで、私の」

弱くすがるマルタに
ヨシヤは手を伸ばす。

「マルタのせいじゃない。
 ……僕が、三つ目だったばっかりに」

マルタの望みとは逆の事をヨシヤが言う。

「僕が二つ目ならばよかった。
 普通に生まれていれば、君も、あの子も、
 こんなに苦しまずに済んだ」

マルタは首を横に振る。

「私はそれでも、
 ヨシヤとの子を産めてよかった」

「ヨシヤとの子だから、
 だから、取り返したいほど大事なのよ」
「そう、か」
「きっと、貴方に似た子に育つわ」

ヨシヤが大きな、
少し長い息を吐く。

「そう、その姿を見れないのは、
 ……残念だな」

その息が
最期の呼吸になる。

「ヨシヤ」

「………」
「………」

ヨーナはマルタの背を支える。

「マルタ様、もう、いい。
 横になって」

裏の彼らは言っていた。

当たるべき人には当たった、と。

先に倒れたヨシヤには見えなかった。
マルタの背にも、
同じく毒矢が刺さっている。

マルタの指先が、声が、
細かく震えているのは、
ヨシヤを失った事だけではない。

ソウシが必死に声を掛ける。

「すぐに誰か来る。
 それまで、耐えろ」

それでも、医者でもない二人に
出来る事は限られている。

「自分の事だから分かるわ。
 罰が当たったのだわ」

「罰というのなら、
 生きてからにしろ。
 子どもに会いたいんだろう」

「会えないわ。母親失格だもの」

「それでも親は親だ!!」

マルタはソウシを見る。

「ねぇ、それじゃあ。
 あの子が大きくなったら
 貴方が伝えて、私たちのこと」

「……わかった。必ず」

ソウシはマルタに誓う。

「その子の名前は」

安心したのか、
小さく微笑み、マルタが言う。


「トウノ」


NEXT
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「辰樹と天樹」27 | トップ | 「辰樹と天樹」28 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む