TOBA-BLOG 別館

TOBA作品のための別館
オリジナル水辺ノ世界の作品を掲載

「タイラとアヤコ」5

2017年06月13日 | T.B.1961年

雨の日。

一人、西一族を離族した、と
そんな噂が村に広がる。

「離族かぁ」

詳しい事はタイラ達には分からないが、
一族の皆が名前と顔を知っているくらい
腕の立つ者だった。

どこにも属せず、一人で生き抜かなくてはいけない。
どれだけの苦労が待っているだろう。

「あんなに成功している人でも
 嫌になる事があるのだろうか」

上に立つ者には
また違った悩みもあるのかも知れない。

「才能は無くても困るが
 ありすぎても困るのかな?」

むむむ、と首を捻る。

「………なぁ、アヤコどう思う」

さっきから、この部屋には二人なのに
タイラばかりが話しているので
独り言が大きな人の様になって居る。

「おい、アヤコってば」

アヤコはソファに座り
雨粒が流れる窓を
じっと見つめている。

「……寝てんのか?」

覗き込もうとしたタイラを避けるように
アヤコが顔を逸らす。

「???」

ぐずっと
小さく鼻をすする音が
部屋に響く。

「!!!!??」

「え、おま、アヤコ。
 泣いてんの??」

「うるさい、だまれ」

そのままばっと顔を伏せる。

「タイラ、こっちおいで」

様子に気付いた母親が、台所から
小声でタイラを呼ぶ。

「母さんあいつどうしたの?」
「女には色々あるのよ。
 そっとしておきなさい」

「え?
 今、そういう時期?」

タイラにはアヤコと母親から同時に物が投げられる。
デリカシー大事。

「えぇ、じゃあ
 俺が何かしたっけ?」

あのねぇ、と
母親がそっと教える。

「璃族した人」
「うん」
「好きだったんだって」

「………そっか」

そうか、あの人だったのか。
意外とワイルド系が好みだったのかアヤコ。
そして、ちょっと年上だぞ。

母親は食事の準備をしている。
アヤコの好物だ。

さらに、香草を刻んだ物を
好みで乗せるが
アヤコはこれを多めにかけるのを好む。

「ちょっと、庭で香草とってくる」
「あら、雨降ってるわよ」
「いいよ、兄妹のためだからな」

これで少しは元気になれば良い。

「あの人かぁ」

手の届かない人と言えば、そうかもしれない。
人気のある人だ、恋人だって居たのかも知れない。

あの時アヤコが相手の名前を言わなかったのは
そういう事もあってだろう。

ひとり部屋に残されたアヤコは言う。

「次は、物静かな、
 落ち着きのある人を好きになる」


NEXT

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いつか | トップ | 「彼女と母親の墓」1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む