TOBA-BLOG

TOBA2人のイラストと物語な毎日
現在は「約束の夜」掲載中。

水辺童話:「末姫と大蛇」3

2017年06月30日 | 物語

「困った」

 王様は頭を抱えました。

「このままでは、この国の者たちが食べられてしまう」

 王様の前には、兄たちが並びます。

「お前たち。特技を生かして何か出来ないかね」

 兄たちは顔を見合わせました。
 今は知恵を出し合って、国を助けなければなりません。

 それぞれ得意なことで、意見を出し合いました。

「俺が、大蛇と話しに行きます」
 ひとりの兄が云いました。
「なんとか、この国を解放してくれるよう、頼みます」
「それは危険だ!」

 王様は止めました。

「食べられてしまうに決まっている!」

「なら」

 別の兄が手を上げました。

「俺が、大蛇に効く毒薬を作ります」
「そうか」
「それを、大蛇に食べさせましょう」

 その兄は早速、毒薬を作りはじめました。

 ほかの兄たちは、それぞれに大蛇を見張りました。
 まだ、動く気配はありません。

 この日が落ち
 夜が来て

 また、日が昇ったら

 ……みんな、食べられてしまうのでしょうか。

 日が沈む前に、毒薬が出来ました。

 その毒薬を、大きな餌に忍ばせました。

「さあ、これを」
「大蛇に」
「…………」
「…………」

「いったい、誰がこれを持って行くのだ?」

 ぐるりと国を囲んでいる大蛇。

 の、頭に近付いて、この餌を食べさせなければなりません。

「王様、夜はどうでしょう」
「夜なら、大蛇も寝ているはず」
「きっと、近くまで餌を運べます」

「それはいい考えだ」

 兄たちはみんなで、餌を運ぶことに、

「いいえ。お兄様方」

 王様と兄たちは、声のする方を見ました。
 いつの間にか、末姫がそこにいます。

「その役目は私に」

「何を云う、末姫!」
「駄目だ、末姫!」

 みんな、口々に反対します。

 けれども、末姫は首を振ります。

「お兄様方こそ、何かあったらどうするのです」
 末姫が云います。
「私には何も得意なことはありませんが、お兄様方には国を守る力があります」

 王様は立ち上がり、末姫を止めようとします。

「私は行きます」

 末姫は、餌を持ちました。

「それに、夜なら大丈夫と云ったじゃないですか」

 日は落ちています。
 辺りは真っ暗です。

 ただ、ひとつ

 月が輝いています。

「末姫……」
「末姫……」

 末姫は振り返り、微笑みました。

「王様、お兄様方、どうぞ待っていてくださいね」


 暗闇の中。


 月明かりを頼りに、末姫は進みます。

 国中が静かです。

 みんな息を殺しています。
 もう、誰も、いないかのように。

 末姫は急ぎます。
 急がなければ、夜が明けてしまうのです。

 やっとのことで、末姫は、国の外れにたどり着きました。

 大蛇の顔まで、もう少し。

 この餌を近くに置いて、
 そうしたら、走ってお城へ帰って
 また
 兄たちと、仕合わせな日々に戻るのです。

 そのはずです。

 みんなみんな、いつも通りになるはずなのです。

 大蛇の顔の近くは、草木が茂っていました。
 末姫は何とか、近付きます。

 餌を置きます。

 音を立てないように、

「……あれ?」

 末姫は足下を見ました。
 足に、茂った草が絡まっています。

 動けません。

 末姫は慌てて、足に絡まる草を取ろうとします。

 取れません。

 もう一度。

 びくりとも、足は動きません。

 何かの音。

 末姫は振り返り、大蛇を見ました。
 その目はしっかりと、開いています。

 末姫と大蛇の目が合いました。

 日が昇ります。

「まずは、お前から」

 そして



NEXT
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水辺童話:みずうみのばけも... | トップ | 水辺童話:みずうみのばけも... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

物語」カテゴリの最新記事