TOBA-BLOG

TOBA2人のイラストと物語な毎日
現在は新作準備中

「水辺ノ夢」167

2016年12月13日 | 物語「水辺ノ夢」

圭は作業場を出て、帰路に就く。
帰りに少し遠回りをして
村の中心部にある広場に足を伸ばす。

定期的に行われる狩りの成果は
村人に平等に分けられる。

圭がそこに顔を出すのは
いつも少し時間をずらしてから。

「すみません、うちの分を」

「ああ、圭、良かった。
 遅いから来ないんじゃないかと思ってた」

透が手を上げる。

「今日は透が当番なのか?」
「そう。
 一番大物を仕留めたんだぞ」
「すごいな、透は」

まぁな、と
透は肉が入った袋を渡す。

「圭の家の分だ」

「……透。貰いすぎだ」

圭は小さく呟く。
それぞれに渡される袋とは別に
小さな袋も付けられている。

「それは俺が仕留めた分。
 だから、振り分けは
 俺の自由だろう」

獲物を仕留めた本人は、
振り分けとは別に
肉を貰えることになって居る。

「その部位は美味しいんだ。
 折角だから食べてみてくれよ」

圭はこれから
頑張って稼がないといけないからな、と
冗談めいて透が言う。

「ありがとう」

圭は素直に受け取り、家へと向かう。

杏子は肉を苦手としているが
スープぐらいならどうだろうか。
折角透から貰った物だ。

今度、出来上がった細工物を
透に持っていこうか、
そう、考えながら歩く。

「おい」

声を掛けられ振り返る。
圭は村人全員の顔を覚えている訳では無いが
同じ年頃の若者が数人。

格好からして、
今日の狩りに出ていた者達だろう。

「役立たずが、
 随分良い部位を貰ってるじゃないか」
「少しは遠慮したらどうだ。
 狩りに行けないくせに
 貰える物は貰おうってか?」

これは透が好意でくれた物。
彼らには何の関係もない。

ただ、

言うことはもっともだと圭は思う。
狩りは命がけだ。

そうした瞬間に圭の腕から
袋が取り上げられる。
 
「あ」

はずみで中身が袋から飛び出し
肉は地面に落ちる。

彼らは、それからも
圭に言葉を投げ続ける。

 こいつ、山に置いてこようか。
 狩りの後は獣たちも身を潜めるから大丈夫だろう。
 むしろ山一族がくるかもしれない。

彼らは、別に肉が欲しい訳じゃない。
ただ、役立たずの圭が腹立たしいのだろう。
昔から言われ続けていた事。
今さら彼らの言葉に
どうと言うことはない。

でも。

「おい、何をしている」

偶然通りかかったのか
年上の悟が間に入ってくる。

「悟さん、だって、こいつ」

状況を判断したのか、
悟は語気を強めて言う。

「狩りに参加したのはお前達だけじゃないだろう。
 皆の成果を足蹴にするつもりか」

悟と青年達が
何か話しているが、
圭にはあまりよく聞こえない。

悟は、あくまで公平に話をしているが
狩りに行けない圭に
皆、何か思う事があるのはそうだろう。

自分に向けられる言葉なら慣れている。

でも、

それが今は杏子にも向けられる。
黒髪の真都葉もきっと。

広司が圭に言っていた言葉を思い出す。


子どもには同じ事を繰り返すな。


「圭、大丈夫か?」

悟の言葉に顔を上げる。
青年達はもう居ない。
圭は、頷きながら、肉を拾い上げる。

「大丈夫
 何かあったら、声をかけるよ」

むしろ今は、
頼れる物には頼るしかない。
狩りの事だって、
圭は真都葉には何一つ教えてやれない。

背負った物の重みを感じる。

「ああ、そうだ、圭」

去り際に悟が尋ねる。

「東一族って、動物と話せるのか?」
「動物と?」

確かにそういう話は聞く。
けれども、杏子がどうかは確かめたことが無い。

「どうだろうか?」

いや、と悟が言う。

「そうならば、確かに狩りで肉を食べる
 俺達とは分かり合えないだろうな」
「……そうかもしれないな」

だろう、と、悟が言う。

「産まれた子供は
 どうだろうな?」



NEXT
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「水辺ノ夢」166 | トップ | 「水辺ノ夢」168 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む