いつか2人で

日本で1番高い場所
いつか2人で行きたいのです

天狗岳(2646)、根石岳(2603)

2016-11-06 22:53:43 | やまお
10月24日(月)

有給休暇取っちゃった
そしてソロで山へ

目指すは南アルプス天狗岳です
夜あらかた準備して早朝起床、そのまま出発
メインのカップラーメンは買い置きがあったのでザックへ、サブの昼メシとおやつと飲み物は途中コンビニで買えばいいや、朝食も一緒にね

そんな訳でスイスイ高速走行
諏訪南インター降りて携帯ナビ通りに調子よく進んでいたら、そういえばコンビニがない事に気付くも時すでに遅し、林道へ着いてしまいました
まぁ車内に少しおやつあるし、最悪小屋で食糧調達できるからいいか

7時30分 桜平到着
平日なので車少なく、ゲート近くに停められました
さっさと用意して

7時45分 出発

ソロだし歩き始めだし遅いペースでのんびり行きます

8時10分 夏沢鉱泉
ここまで出会った人2組

8時55分 オーレン小屋
夏沢鉱泉からここまでも2組

トイレ借りました

小屋の主人に「ソロだから気をつけろ、今日も捜索入るけど一週間降りて来ないのがいる」と
気を引き締めて進みます


9時40分 箕冠山(みかぶりやま)
オーレン小屋からここまで誰にも会わず
平日だからって人いなさすぎじゃない?
本当は大歓迎ですけどね

ここまではずっと登ってきてますが、ここで少し下ります
そしてここまでは樹林帯ですが・・・

イキナリ開けます
が、開けた瞬間稜線は強風です
ウインドシールド一枚羽織って進みます


根石山荘を横目にまずは目の前の根石岳へ


9時55分 根石岳
奥に見えるのが東天狗岳です


次はあそこまで


なかなか険しいなぁ


山頂手前
何あの渡りと鎖


10時20分 東天狗岳
いやあ疲れた
次はゴールの西天狗岳だ


東を下りて西を見上げ


見た目ハードなんだよなぁ


10時35分 西天狗岳
少し早いけど朝飯も食べてないし、ちょうど風も避けられるのでランチにしちゃいます


唯一のちゃんとした食糧
リッチカップヌードル


いい天気だあ
美ヶ原&蓼科山が良く見えること

あ、流石に東と西にはそれなりに人はいましたよ
稜線は強風ですが西の山頂は少し窪んでいてちょうど風が当たらず、そして良い日差しがあったので快適快適

おやつも無いのでコーヒーだけ飲んでまったり
11時40分 そろそろ戻りますよ

さぁ下りますか


振り返って西天狗岳と月


東天狗岳登り返し


11時55分 東天狗岳山頂再び


次はあっちの根石岳まで戻ります


東天狗岳山頂直下


楽しいなぁ






12時20分 根石岳再び


ちょっと根石山荘も覗いてみましょうね




寄ってみたものの特筆すべき事なし
戻ります

12時35分 箕冠山
ここは分岐なので直接オーレン小屋ではなく、夏沢峠経由で行きたいと思います


夏沢峠までの道中、硫黄岳の爆裂火口が目の前に


12時55分 夏沢峠
懐かしいですね、以前硫黄岳行った思い出が蘇ります
ではここからオーレン小屋へ下ります


13時15分 オーレン小屋戻り
天狗岳と根石岳の山バッヂを購入してサクサク下ります


オーレン小屋から硫黄岳


13時50分 夏沢鉱泉


14時10分 桜平
下山完了です


いやぁ、スタート直後の簡易トイレが撤去されていてオーレン小屋まで我慢したり、食糧無い為行動食のナッツ&フルーツを30分毎に一口食べたり、予想以上に稜線が強風だったり、色々トラブル?ありましたが無事帰って来れました
終わってチェックしたら累計標高差が1000超えだったのね・・・道理で疲れた訳だ

帰りは「もみの湯」に立ち寄りサッと汗だけ流して帰りましたとさ

良い山行だった〜




『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リッチ地蔵 | トップ | 池の平から篭の登山 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。