プクプク日記 観劇 映画 落語 スポーツ観戦 読書の日々

今日は帝劇 明日は日劇 はたまた国技館に後楽園ホール さらには落語家の追っ掛け 遊び回る日常を描きます。

武蔵中原での「立川志の輔独演会」

2017-04-18 11:16:51 | 日記
年に一度の恒例、エポック中原での「立川志の輔独演会」 きっと近々送られてくる「一年前のコラム」にも、去年のこの公演の話があるでしょう。志の輔師によれば9年目になるということです。
7番目の弟子という志の麿が「二人癖」で開口一番。続いて志の輔師「ハナコ」3月の話題をさらった森友学園の話から「忖度」について語り、旅館の女将が客の意向を全く忖度しないことから起こる爆笑譚「ハナコ」へ。相変わらず黒毛和牛を引っ張ってくる男の動作が可笑しい。
休憩後は、「音楽パフォーマンス」のだゆきに続いて「百年目」の一席。こちらは、花見から一夜明けた後の、旦那と番頭のやりとりが、見応えあり。旦那が、なぜひと晩、まんじりともせず、すごすことになったのか? この1点に、志の輔師が、この噺を手掛ける理由があるのでしょう。
ジャンル:
一芸
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 全日本プロレスを楽しみ、G 1... | トップ | 落語三昧の日々 「春風亭小朝... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。