プクプク日記 観劇 映画 落語 スポーツ観戦 読書の日々

今日は帝劇 明日は日劇 はたまた国技館に後楽園ホール さらには落語家の追っ掛け 遊び回る日常を描きます。

やはり素晴らしい!劇団四季「ノートルダムの鐘」

2017-06-17 12:00:46 | 日記
ミュージカルの話が続きます。A・メンケン作曲のディズニーミュージカルで、劇団四季が上演となれば、1年以上のロングランは当然と思うのですが、「ノートルダムの鐘」は8か月ぐらいの公演。それでも大したものですが、やはり、ブロードウェイを席巻した作品ではないところが問題なのでしょうか? 「アラジン」や「ライオンキング」と違って、子供向きではありませんしね。
ただ、作品自体のレベルはどうかといえば、これは立派なものだと思います。冒頭、カジモドが生まれるまでの経緯が説明されます。そして、叔父のフロローが、カジモドをどう思っているのかも。彼の名前は「できそこない」という意味だそうです。舞台奥から、カジモド役の役者が登場。顔を黒く塗り、奇形に見えるように荷物を背負います。「できそこない」の出来上がり。
毎日、ノートルダムの塔の上から街中を眺めているカジモド。話し相手は、同じ塔のガーゴイルだけ。お祭りの日、意を決して町に出て行ったカジモド ジプシーのエスメラルダに出会います。美しいエスメラルダを巡って、街の実力者・フロロー 警備隊長のフィーバス 人々の運命の歯車が回り始めます。
ラスト カジモドの顔は綺麗になり、周りの人間たちの顔が黒く塗られる。実に示唆に富んだ終わり方です。楽曲的にも「陽ざしの中へ」など、素晴らしい曲が一杯。大人の私としては、また観たくなるミュージカルでした。
『演劇』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 30周年を迎えた「レ•ミゼラブ... | トップ | 中島淳彦「梶山太郎氏の憂鬱... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。