プクプク日記 観劇 映画 落語 スポーツ観戦 読書の日々

今日は帝劇 明日は日劇 はたまた国技館に後楽園ホール さらには落語家の追っ掛け 遊び回る日常を描きます。

「転宅」「禁酒番屋」 日本橋三井ホール「柳家小三治独演会」

2017-06-20 11:04:22 | 日記
日曜日は、夜の小朝師の落語会の前に、昼間は、日本橋三井ホールでの「柳家小三治独演会」へ行ってきました。今日は、その話です。
まず、真打昇進したばかりの小八が、「初天神」続いて小三治師。マクラで豊中へ行った話。と、「あちらへは行かれないんですか」と聞かれたという。豊中といえば、ねぇ•••さて、噺の方は、泥棒のマクラ。とすれば「転宅」いつ聴いても、間抜けな泥棒が笑えます。
休憩挟んで、2席目。小三治師 登場した瞬間「さっきの噺の途中で、帰った人いるでしょ。こっちからは、良く見えるんですよ」だって。人間国宝になって、もっと泰然自若という感じかと思っていましたが、やはり芸人の業なのでしょうか? あ、演目は「禁酒番屋」。酒屋が工夫して持ってきた酒を、次々飲み干してしまい、酩酊する武士の酔態は、さすが!
ジャンル:
一芸
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シアタークリエ「春風亭小朝... | トップ | E・ワトソンに一目ぼれ!「美... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。