プクプク日記 観劇 映画 落語 スポーツ観戦 読書の日々

今日は帝劇 明日は日劇 はたまた国技館に後楽園ホール さらには落語家の追っ掛け 遊び回る日常を描きます。

文句なしに面白い!早霧せいな 咲妃みゆ退団公演 宝塚雪組「幕末太陽傳」

2017-07-17 10:57:28 | 日記
宝塚劇場で「幕末太陽傳」観てきました。「平成のゴールデンコンビ」と謳われた早霧せいな 咲妃みゆの退団公演。私、2階16列の一番端のチケットが、ようやく獲れて観ることが出来ました。
「幕末太陽傳」かって川島雄三監督が、フランキー堺を主役に撮った名画。石原裕次郎も出演してました。品川の遊郭のお話。どうにも宝塚らしくない内容なので、なぜ、この戯曲が退団公演なのか不思議に思ったのですが、観てみたら実にいい出来。居残り佐平次を演じた早霧せいな 軽くて面白かった。落語ファンの私としては、亡き家元•立川談志師匠の名演が耳に残っているだけに、ちょっと不安もあったのですが、どうしてどうして 大満足でした。映画では、ラスト胸を病んだフランキー演じる佐平次が、独り品川を去って行く場面で終わるのですが、こちらは、咲妃演じるおそめという女郎と手に手を取って去って行く ファンには堪らないラストシーン。さらに、続くショー「ドラマティックS」では、2人のSに対する惜別の情が溢れ、また、2人のSも素晴らしかった。退団公演にふさわしい余韻が残り、満たされた気分で、劇場を後にしました。
『演劇』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まだまだロングラン続きそう... | トップ | 大日本プロレス 「両国国技館... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。