プクプク日記 観劇 映画 落語 スポーツ観戦 読書の日々

今日は帝劇 明日は日劇 はたまた国技館に後楽園ホール さらには落語家の追っ掛け 遊び回る日常を描きます。

期待感が大きすぎた「ラ•ラ•ランド」

2017-03-30 11:43:39 | 日記
ようやく「ラ•ラ•ランド」観てきました。アカデミー作品賞で思わぬミソをつけてしまいましたが、ミュージカル映画としては、よく出来ていると思います。ただ、10部門以上にノミネートとか、あまりにも前評判が凄すぎたので、ちょっと期待感が強すぎた事も事実でした。
冒頭のハイウェイでの渋滞からのダンスシーン。ホント、期待感に胸膨らむミュージカルらしい、素敵なシーンです。女優の卵のミア(エマ•ストーン)とジャズピアニストのセブ(ライアン•ゴズリング)は、ここで最初の出会いをします。で、何度かのすれ違いの後、パーティで意気投合した2人。映画デート。急速に接近します。
セブ 自分の音楽に頑固だったのですが、ミアとの生活のため、己の信念を曲げ、旧友の誘いに乗り、経済的成功を収めます。が、ミアは、そんなセブに不満。破局を迎えます。で、5年後•••
やはり脚本に、ちょっと目新しさがない気がします。どこかで聞いたような話。そこを素敵な歌と踊りでカバーしてはいるんですが、アカデミー賞を何部門も独占するような突出した作品とは思えなく。ただ、主演の2人は、魅力たっぷりで素敵でした。
『映画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秀作! 森雅之 高峰秀子「グッ... | トップ | 笑い 感動 痛み•••「大日本プ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。