プクプク日記 観劇 映画 落語 スポーツ観戦 読書の日々

今日は帝劇 明日は日劇 はたまた国技館に後楽園ホール さらには落語家の追っ掛け 遊び回る日常を描きます。

パペットが素晴らしい「戦火の馬」

2016-11-20 11:29:12 | 日記
「ナショナルシアターライブ」作品「戦火の馬」観てきました。第一次世界大戦中の名馬と飼い主の友情を描いた物語。私は観てませんが、スピルバーグ監督で映画化されています。ただ、映画なら問題ありませんが、舞台で馬をどう描くのか? 興味がありました。見終わって、さすが「ナショナルシアター」レベル高かったです。パペットが3人がかりで、等身大の馬を動かします。これ、よほど息が合っていないと難しいでしょう。どれぐらいの時間かけて練習したのでしょうか。「素晴らしい」の一言です。
物語についても、触れておきます。1912年 イギリス。子馬のオークションが行われています。例によって仲の悪いテッドとアーサーの兄弟が張り合います。法外な値段で、弟のテッドが落札。兄アーサーの鼻を明かします。が、値段を聞いて妻のローズは激昂。息子のアルバートまで、とばっちりを受けますが、彼が馬を立派に育てると約束したので、その場は収まります。
アルバートは、馬をジョーイと名付け、懸命に育てます。その甲斐あって立派に成長したジョーイ。が、戦争が、彼らの仲を引き裂きます。軍馬として売られたジョーイ、顔見知りのニコルズ中尉が面倒を見ると約束してくれますが、アルバート 中尉の戦死を知ります。いてもたってもいられなくなったアルバート。自ら志願して軍隊へ。ジョーイ探しの旅が始まります。
役者もさることながら、戦場 農場などを映像も用いながら、照明の加減などで表していくナショナルシアターの実力は、さすがの一言。見応えある舞台でした。
『演劇』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こんなに楽チンだったんだ!... | トップ | またも2着!マイルCS 大相撲... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。