プクプク日記 観劇 映画 落語 スポーツ観戦 読書の日々

今日は帝劇 明日は日劇 はたまた国技館に後楽園ホール さらには落語家の追っ掛け 遊び回る日常を描きます。

中島淳彦「梶山太郎氏の憂鬱と微笑」

2017-06-18 11:29:00 | 日記
「劇団道学先生」の20周年記念公演「梶山太郎氏の憂鬱と微笑」です。会場の赤坂レッドシアター 土曜日の昼公演ということもあり、満員で補助席も出る盛況。ところが、なぜか私の隣の席だけ2つ空いている。ま、おそらく2人連れのお客さんが、用事が出来て来れなくなってしまったんでしょうが、満員の中、ポツンと隣の席が空くというのは、なんとなく、こちらも落ち着かない気分です。
さて、本題。主人公の梶山太郎氏 作家です。かつて「夜行列車」という私小説が売れたものの、その後はヒット作に恵まれず、とうとう20年続いた連載も打ち切られ、文章教室の講師で稼いでいる状況。が、その教室も受講生3人で、こちらも、主催者側から方向転換を迫られています。齢50歳を超えたくらいの梶山先生 人生の岐路に立っているところですが、長年の付き合いの編集者 かつての弟子 「夜行列車」のモデルの親戚 受講生の人妻 そして先生の妻とその兄••• 周囲も問題山積で、というお話。
主人公始め、周囲の人間が、きちんとキャラ付けされているので、とても面白い作品に仕上がっていました。私もアラ還ですから、共感できる部分も多い。ラスト 下手すれば、ベタな人情話になってしまうところを、ちょっと笑いをまぶしているところは、さすが中島淳彦。
さて、私も田山花袋の「蒲団」読んでみよう。
『演劇』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やはり素晴らしい!劇団四季... | トップ | シアタークリエ「春風亭小朝... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。