プクプク日記 観劇 映画 落語 スポーツ観戦 読書の日々

今日は帝劇 明日は日劇 はたまた国技館に後楽園ホール さらには落語家の追っ掛け 遊び回る日常を描きます。

至芸!「歌舞伎座十月公演 玉三郎 藤娘」

2016-10-14 15:03:44 | 日記
歌舞伎座十月公演は「八代目 中村芝翫襲名披露公演」ですが、私、夜の部の最後 玉三郎の舞踏「藤娘」だけ一幕見で観てきました。先月も、夜の部の最後 玉三郎で「元禄花見踊り」 この時は、結構余裕で座れたのですが、今回は、さすがに「藤娘」 開演1時間ほど前に劇場に着いたのですが、すでに立ち見。ま、仕方ないところです。演目自体30分に満たないものですから、立ち見は全然OKなのですが、演じる方は、歌舞伎座のあの大舞台で、1人で約2千人の観客の見守るなかで踊る。これは、大変なことだと思います。
玉三郎 もう60代中盤だというのに、その身のこなしの優雅なこと。そして、身体の柔らかさ すごいの一言。もちろん、艶やかな着物姿も、その一因ではあるのでしょうが、どう見ても可愛い娘にしか見えない。ほろ酔いの態で踊る、その姿といい、改めて「芸」というものの凄さを見たような気がします。私、歌舞伎を観るようになってから、まだ日が浅いのですが、40代 30代の玉三郎観ておきたかったと、つくづく思う次第です。
ジャンル:
一芸
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やはり泣ける 宅間孝行作 ... | トップ | 和製ミュージカルの快作! ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。