プクプク日記 観劇 映画 落語 スポーツ観戦 読書の日々

今日は帝劇 明日は日劇 はたまた国技館に後楽園ホール さらには落語家の追っ掛け 遊び回る日常を描きます。

落語三昧の日々 「春風亭小朝独演会 菊池寛が落語になる日 vol4」

2017-04-19 12:02:15 | 日記
今月は、落語会に通う日が続きます。昨夜は、紀伊國屋ホールでの「春風亭小朝独演会 菊池寛が落語になる日」の4回目です。第1回目は、仕事があって見逃してしまったのですが、以後は皆勤。毎回、レベルの高い落語を聴かせてくれます。
今回は、前半で「千両みかん」夏の暑い時分に、みかんが食べたくて病気になった大店の若旦那。安請け合いしたばかりに、みかんを探して東奔西走する番頭。みかん問屋の「万惣」若旦那 大旦那 そして番頭 価値観の違いが哀しくなる噺です。
後半は、菊池寛原作もの2席。「お見舞い」は、癌で入院した先輩を見舞いに行く、後輩落語家の話。人間を見る目の鋭さが光ります。「時の氏神」は、倦怠期を迎えた夫婦を、夫婦喧嘩した妻の妹が訪ねてくる話。オチが効いていて、いかにも落語的。こういう切れ味鋭い短編は、大好きです。次回公演は、9月とのこと。待ち遠しい限りです。
ジャンル:
一芸
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 武蔵中原での「立川志の輔独... | トップ | ナショナル•シアター•ライブ ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。