プクプク日記 観劇 映画 落語 スポーツ観戦 読書の日々

今日は帝劇 明日は日劇 はたまた国技館に後楽園ホール さらには落語家の追っ掛け 遊び回る日常を描きます。

見応え充分!「深く青い海」

2017-07-13 10:48:54 | 日記
ナショナル・シアター・ライブ「深く青い海」です。テレンス・ラティガンの作品。1952年に初演されています。当時の物語ですから、その辺りを理解して観ないと、作者の意図が上手く伝わらない部分もあると思います。
主人公はヘスター夫人。彼女が自殺を企てたシーンが幕開きです。アパートの管理人が発見します。お世辞にも高級とはいえないアパート。駆け付けた同じアパートの若夫婦 どうやら医者の心得があるらしいミラー氏らが手を尽くし、彼女は助かります。ヘスター夫人は、判事の妻。とても、こんなアパートに住むような人間ではなかったのですが、元空軍パイロットだった若い男と駆け落ちして、ここに落ち着いたのです。が、このところ男とはうまくいってないこともあり、彼女は自ら命を絶つことを決意しました。男の行く先が分からなかったので、隣人たちは判事に連絡します。2人は、法律上はまだ夫婦。判事は、すぐにやってきます。 パイロットも戻ってきます。愛の形は様々ですが、2人ともまだヘスターを愛している様子。彼女の決断は・・・
ラスト 彼女の再生を思わせるシーンは、いい場面でした。ただ、彼女がなぜ自殺を図ったのかなどは、理解しにくい部分も多い。ま、ここは60年前に書かれた戯曲ということで、仕方ないかもしれません。
『映画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 土屋太鳳かわいい!「さんま... | トップ | 稀勢の里休場 予想できたと... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。