プクプク日記 観劇 映画 落語 スポーツ観戦 読書の日々

今日は帝劇 明日は日劇 はたまた国技館に後楽園ホール さらには落語家の追っ掛け 遊び回る日常を描きます。

30周年を迎えた「レ•ミゼラブル」

2017-06-16 11:00:08 | 日記
30周年を迎えた「レ•ミゼラブル」行ってきました。相変わらず人気衰えてないようで、千秋楽まで全席ソールドアウトのようです。「SHOCK」かと思っちゃうよね(笑)
新演出版になって、また一段と若返ったこの公演 前回までは笹本玲奈エポニーヌの回を選んでいたのですが、今回は、それも無し。今週は「30周年記念特別カーテンコール」ということで、観に行くことにしました。
今公演の感想 軽く書いておきますと、名曲揃いの、このミュージカル。歌うだけで精一杯というキャストも見られました。感情表現するまで には至らない。今後に期待しましょう。ただ「彼を帰して」「星よ」「夢破れて」などなど、これだけ聞き応えのある曲揃っていると、聞いているだけで満足してしまうのも事実。
で、今回の目玉「特別カーテンコール」40人近い「レミズ」OB OGが、舞台に並びます。壮観の一言。途中、岡幸二郎がインタビュアーとなって、かつてのバルジャン ジャベール コゼット テナルディエ夫妻らにインタビュー。お決まりの失敗談では、バルジャンを演じた橋本さとしのジャベールとの決闘シーンで、椅子が壊れず、素手で闘ったというのが、笑えました。約50分の特別カーテンコール。村井國夫 今井清隆らジャベール4人の「星よ」の合唱もあり、オープニングは「ONE DAY MORE」締めは「民衆の歌」レミズの世界に浸れ幸せでした。
『演劇』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アカデミー賞2冠に輝いた「マ... | トップ | やはり素晴らしい!劇団四季... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。