プクプク日記 観劇 映画 落語 スポーツ観戦 読書の日々

今日は帝劇 明日は日劇 はたまた国技館に後楽園ホール さらには落語家の追っ掛け 遊び回る日常を描きます。

片岡愛之助主演 宮本亜門演出「コメディ•トゥナイト」

2017-03-20 11:41:52 | 日記
片岡愛之助 ミュージカル初出演の「コメディ•トゥナイト」です。あの名作「ローマで起こった奇妙な出来事」を、舞台を江戸に移しての上演。宮本亜門は、こうした演出お得意なので、観てみることにしました。
幕開け 名曲「コメディ•トゥナイト」に乗って 愛之助登場。こういうナンバー持ったミュージカルは強い。あっという間に、観客をミュージカルの世界に引き込んでしまいます。愛之助が演じるのは、薬問屋の丁稚•丁吉。なんとか自由の身になりたいというのが、丁吉の切なる願い。そんな丁吉に大チャンスが。彼のご主人 薬問屋の息子•比呂(内博貴)は、自分の家の隣にある置屋の娘お美津(平野綾)に夢中。が、お美津は、荒尾正蔵(鈴木壮麻)という侍に身請けされた身。諦めきれない比呂は、お美津と一緒になれれば、丁吉を自由の身にすると言います。さ、丁吉 知恵を絞って、2人のために大奮闘します。ラストは、もちろん大団円。
「ローマで•••」は、映画で観てるので、楽しいミュージカルであることは知ってました。が、今回は、愛之助がミュージカル初出演ということなので、大した期待しないで行ったのですが、これが意外に上手かった。結構伸びのある声で、見事に歌いこなしていました。ミュージカル界に、ニュースター登場というところでしょうか。共演陣も、高橋ジョージ ダイヤモンド☆ユカイなどが出演し、ミュージカルらしいメンバーで楽しめました。
『演劇』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福井昌一 & 原田優一「グー... | トップ | さいたまSAで「DDT20周年記念... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。