プクプク日記 観劇 映画 落語 スポーツ観戦 読書の日々

今日は帝劇 明日は日劇 はたまた国技館に後楽園ホール さらには落語家の追っ掛け 遊び回る日常を描きます。

志の輔 談春 生志 雲水 何とも豪華な「傳志会」

2017-07-01 10:57:02 | 日記
志の輔と談春が顔を揃えるという、何とも豪華な「傳志会」今回が、2度目の公演。この会、転売を防ぐためかチケットはネットでしか売らず、しかも配送だけ。店頭販売なし。今回、私の許にチケット届いたのは、公演10日前。ま、業者が買い占めて高値になることを考えれば、良いことです。
まずトップバッターは談春師。師によれば、前回もトップで、今後も、ずっとトップでやっていくとのこと。演目は「五人廻し」遊び人風 田舎者 キザな男 武骨者を演じわける技量はさすが。続いて生志師。「お菊の皿」この演目、お菊が風邪をひいたのが落ちに繋がるんですが、咳する場面が2回出てくるのは、ちょっとクドイ気が。
ここでお中入り。
後半は志の輔師。「ちりとてちん」この間聞いたばかりですが、腐った豆腐を前にしたリアクションは、何度観ても笑える。トリは雲水師。と、ここで、志の輔師を観終わった後、10人近くの客が帰ります。気持ちはわからないでもないですが、こういう会ですから、ラストまできちんと聞くのが、客のマナーでもあるでしょう。高座に上がった雲水師。開口一番「こんなに残っていただいて、ありがとうございます」と帰った客を逆手にとって「軒付け」の一席。トリの任務を果たしてました。
ジャンル:
一芸
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 主人公のダメ男ぶりが凄い!... | トップ | 昨夜は「WWEプロレス」楽しみ... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。