プクプク日記 観劇 映画 落語 スポーツ観戦 読書の日々

今日は帝劇 明日は日劇 はたまた国技館に後楽園ホール さらには落語家の追っ掛け 遊び回る日常を描きます。

再びE・ルビッチ「牡蠣の王女」

2017-05-20 11:43:30 | 日記
再びシネマヴェーラ渋谷での「ルビッチ・タッチ!Ⅱ」より「牡蠣の王女」です。サイレント映画で60分の小品。1919年の作品。ま、そんな難しい筋立てではありませんが、なかなか楽しい映画でした。
牡蠣で巨万の富を築いたクエイカー社長。彼には、オッジというわがまま娘がいます。新聞で、友人が貴族と結婚したという記事を見つけたオッジ。すっかり腹を立て「私も貴族と結婚したい」と、部屋のなかで暴れまくります。が、父親がOKすると、今度は喜び爆発。やっぱり、暴れまくります。こんな娘の行状にも、「大したことじゃない」と、落ち着いた表情のクエイカー社長がいい。
結婚仲買所で選ばれたのがヌッキという貴族。が、自由を失うのを恐れたヌッキ 友人を身代わりにたてます。そして、結婚式!ここでの給仕のダンスシーンなどが、実に楽しい。で、思わぬ形で出会ったヌッキとオッジ。2人は恋に落ち、互いに、本物の結婚相手とわかり、めでたしめでたしというお話。
ルビッチらしい洒落たコメディ。オッジを演じたオッシー・オズヴァルダという女優。当時の人気女優だったらしく、天真爛漫な娘役 好演してました。
『映画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 調布での「柳家小三治独演会」 | トップ | TOKIO 松岡昌宏熱演!「ダニ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。