プクプク日記 観劇 映画 落語 スポーツ観戦 読書の日々

今日は帝劇 明日は日劇 はたまた国技館に後楽園ホール さらには落語家の追っ掛け 遊び回る日常を描きます。

半世紀近く前を思い出す 元小結·羽黒岩の死

2016-10-25 11:10:16 | 日記
新聞読んでいたら、元小結・羽黒岩死去との記事がありました。70歳だったそうです。羽黒岩というより、戸田と言った方が分かりやすい。1969年春場所 横綱大鵬の連勝記録を止める殊勲の星を挙げた力士です。
この場所最大の焦点は、大鵬が、どこまで連勝記録を伸ばせるかでした。中盤から、段々調子を上げてくる横綱。波乱があるとすれば、前半戦。しかも、四つ相撲より押し相撲。この条件にピッタリだったのが、当時新進気鋭の押し相撲だった戸田。しかも、場所前、力量を図りに、横綱が出稽古に行った時、体調を崩していた戸田が、稽古休んでいたということもあり、両者は正真正銘の初対戦。
運命の一番。押し込まれた大鵬が、土俵際、逆転の叩きこみ。行司軍配は、大鵬。しかし、物言いがつき、行司差し違え。が、改めてビデオを見ると、戸田の足が、先に土俵の外へ。一昨日の日本シリーズではありませんが、この後、相撲界は、ビデオ判定を取り入れることになります。
勝負にタラレバはありませんが、あの時、大鵬が勝っていたら、どこまで連勝が伸びたのか。大鵬ファンとしては、考えずにいられません。
ジャンル:
相撲
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「菊花賞」勝ち馬は予想通り... | トップ | 落語の世界の面白さを満喫で... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。