プクプク日記 観劇 映画 落語 スポーツ観戦 読書の日々

今日は帝劇 明日は日劇 はたまた国技館に後楽園ホール さらには落語家の追っ掛け 遊び回る日常を描きます。

シアタークリエ「春風亭小朝のクリエで落語」

2017-06-19 10:48:12 | 日記
もう10年近く前になりますか、小朝師が中心となった「六人の会」が主催した「大銀座落語祭」という一大イベントがありました。銀座周辺の色々な劇場で、多くの落語会が催される。どの会に行こうか、随分悩んだものでした。
その地で、久々に行われた「クリエで落語」シアタークリエでは、初めての落語会ということです。開口一番が、木久蔵師。父の名を継いで、もう10年が経つそうです。演目は「幇間腹」続いて小朝師「持参金」「猫の皿」の2席。「猫の皿」ではボケ倒す茶屋の親父が笑える。で、高座復帰叶った歌丸師。「つる」の1席。思ったより、声にも張りがありました。まだまだ楽しませてくれそうです。
休憩後は、活動弁士の坂本頼光という人が登場。片岡千恵蔵主演の「国士無双」という無声映画を紹介します。監督は、伊丹万作。15分の小品ですが、結構笑えました。で、トリは小朝師。「柳田格之進」割と淡々と進んだ印象ですが、ラスト近く、番頭徳兵衛が、柳田に再会した事を主人源兵衛に伝えると、源兵衛は、なぜ自分が浪人の柳田格之進と付き合ったか、その真意を番頭に話します。2人は遠縁にあたるという設定なので、このシーンが余計に心に沁みました。
この「クリエで落語」プログラム見ると第1回となっていますので、まだ続きそう。次回が楽しみです。

ジャンル:
一芸
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中島淳彦「梶山太郎氏の憂鬱... | トップ | 「転宅」「禁酒番屋」 日本橋... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。