プクプク日記 観劇 映画 落語 スポーツ観戦 読書の日々

今日は帝劇 明日は日劇 はたまた国技館に後楽園ホール さらには落語家の追っ掛け 遊び回る日常を描きます。

調布での「柳家小三治独演会」

2017-05-19 13:09:05 | 日記
昨夜は、調布で「柳家小三治独演会」楽しみました。「長短」「粗忽長屋」の十八番もの」2席で聞きごたえ充分。充実した2時間余の公演でした。
1席目の「長短」 明後日に行われるという同窓会の話をまくらに、本題へ。短気と気長 この2人の友達のなんとも言えない会話 その滋味は、師ならではのもの。何度聞いても、飽きない珠玉の1席です。
中入り後は、開口一番で上がった一琴の紙切り。これがまた、余技とは思えないほど達者なもの。最初、「犬を切ります」と言って「犬」という字を切り抜いて笑いを誘った後は「ねずみ」(ミッキー)「ねこ」(ドラえもん)などなど見事なもの。いい膝代わりでした。で、トリネタは「粗忽長屋」行き倒れの場に遭遇した兄貴分が「えっ、行き倒れって人間ですか」というのが、無類に可笑しい。思わず噴き出してしまいました。
ジャンル:
一芸
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「午前十時の映画祭」より長... | トップ | 再びE・ルビッチ「牡蠣の王女」 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。