プクプク日記 観劇 映画 落語 スポーツ観戦 読書の日々

今日は帝劇 明日は日劇 はたまた国技館に後楽園ホール さらには落語家の追っ掛け 遊び回る日常を描きます。

昨日は「小藪座長の吉本新喜劇」楽しみました!

2017-08-13 10:55:59 | 日記
すっきりしない天気のなか、昨日は「新喜劇」観てきました。会場は、銀座ブロッサム。ちょっと小洒落た会場です。
出演は、小藪座長 桑原和男 島田一の介 青野敏行 浅香あき恵 高橋靖子らです。舞台は、桑原財閥の豪邸の居間。この季節の演目らしく「幽霊が出る」と評判のお屋敷。小藪は、ここに勤めています。桑原の娘 浅香と高橋が訪ねてきます。会社経営している彼女達ですが、業績は芳しくなく、母親の桑原に資金援助を頼みます。毎度のことなので、思わずキレる小藪。娘の申し出を断る桑原。と、娘達 自分の夫(島田 青野)を幽霊に仕立て、一騒動目論みます。そこへ、新喜劇には欠かせない強盗も押し入ってきて•••という、新喜劇十八番のお話。
相変わらず 小藪のキレ芸は笑える。また、新たに座長に昇進した酒井藍も登場。お馴染み「ブー ブー」のノリツッコミ見せてくれます。ちょっとショックだったのが、かつての新喜劇のマドンナ高橋靖子が浅香あき恵と共に「ババァ」扱いされるところ。うーん、時代だ。ラストは、娘達が改心する お馴染みの新喜劇。でも、やっぱり笑えます。この「偉大なマンネリ」は凄い。
第二部は、この公演恒例の出演者による「メンバーの素顔」紹介トークコーナー。ゲストは野性爆弾。「酒井藍の暑がり」「チャーリー浜襲われる?」など、面白エピソードたっぷり。これまた爆笑でした。
『ライブ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 趣きを変えて 笑える映画「ロ... | トップ | 内藤優勝!柴田登場!「新日... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。