プクプク日記 観劇 映画 落語 スポーツ観戦 読書の日々

今日は帝劇 明日は日劇 はたまた国技館に後楽園ホール さらには落語家の追っ掛け 遊び回る日常を描きます。

劇団四季の名優 日下武史さん死去

2017-05-17 11:09:24 | 日記
浅利慶太さんらと「劇団四季」を創立された日下武史さんがお亡くなりになったとのこと。86歳でした。
「ヴェニスの商人」「ハムレット」「スルース」などなど日下さんが主演を務めた「四季」の舞台は数多いです。なかでも、私が印象に残っているのは「この生命 誰のもの」の早田健役です。首から下が動かないという難役。当時は、まだ、それほど問題にはなっていなかった「尊厳死」という重いテーマを扱った作品。日下さんの特徴でもある あのギョロっとした眼を十分に活かした演技は、忘れられません。
その後、「四季」がミュージカル路線を開拓していくと「赤毛のアン」などで存在感を発揮してくれました。いわゆる「役者歌」というのでしょうか。なかなか味のある歌いっぷりでした。そうそう、「美女と野獣」初演でベルの父親を演じたのも日下さんでした。
ご冥福をお祈りします。
『演劇』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 周りは、けったいな人ばかり... | トップ | 「午前十時の映画祭」より長... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。